ホーム > 2015/12

日本テクノが上越市頸城区に世界最高水準の天然ガスエンジン発電所

4年前

電力小売事業を展開する日本テクノ(本社・東京都新宿区、馬本英一社長)は新潟県上越市頸城区の県営南部産業団地内に天然ガスエンジン発電所「日本テクノ上越グリーンパワー」を建設し、2015年12月1日から営業運転を開始した。同社によると、発電効率、環境性能とも世界最高水準の発電所。は2012年8月に千葉県袖ケ浦市で運転を開始した「日本テクノ袖ケ浦グリーパワー」に続く、2か所目の自社発電所となる。12月7日、関係者を招いての竣工式や施設見学会、祝賀会が開かれた。

発電所
日本テクノ発電所

竣工を記念した祝賀会でスイッチを押すセレモニー
日本テクノ社長スイッチ

「日本テクノ上越グリーンパワー」は川崎重工業社製「カワサキグリーンガスエンジン」(KG-18-V) 14基を備える11万kW級の発電所。2013年11月、新潟県と進出協定を結び、同団地の1.7haを県から借りる形で取得。発電所は延べ床面積約3000平方mで、昨年春から工事が行われてきた。

同エンジンは発電効率49.5%の世界最高クラス。排出ガス中の窒素酸化物値は200ppm以下と低く、環境性能においても画期的なものとなっている。また、起動指令から10分以内に定格負荷に達する急速起動対応。大気による出力への影響が極めて小さく、電力需要の大きい夏季でも出力低下、効率低下が少ないため、高い発電性能を維持できるという。

竣工式には馬本社長はじめ、村山秀幸上越市長ら来賓、工事関係者ら約100人が出席した。神事が行われ、出席者らが玉串を捧げた。続いて14基のガスエンジンを見学。担当者から特徴などの説明を受けた。

祝賀会で馬本社長は「袖ヶ浦に続いて2号機目の発電所が完成した。安全供給を根ざした電力会社を作っていく。来年はさらなる飛躍をしていきたい」。来賓の村山市長は「関係者の力添えに敬意を表する。地域経済の振興に大きな弾みがつくことに期待したい」と語った。