ホーム > 2017/03

上越市の村山市長が重ねて陳謝 市営施設の事故非公表と指定ごみ袋の不具合で

1か月前

新潟県上越市の村山秀幸市長は2017年3月17日の市議会一般質問で、昨年末に発覚した市指定ごみ袋の不具合と、先月市営施設で起きた事故を公表しなかったことについて、「市民に不信感を抱かせた」などとして陳謝した。

市議会で陳謝する村山市長
DSC_1676

欠陥のある市指定ごみ袋を昨年7月から販売し、同12月まで公表しなかった問題について、宮川大樹議員(みらい)が一般質問した。村山市長は「不具合の発生と、速やかに市民に伝えなかったことについてあらためておわびしたい。今後このようなことのないようにしたい」と陳謝した。

欠陥のあるごみ袋を手に質問する宮川大樹議員
DSC_1666

また、元上越警察署長で上越市の危機管理監も務めた橋本洋一議員は、欠陥ごみ袋の問題に加え、先月リージョンプラザ上越の誘導灯カバーが落下し、利用者が頭を3針縫うけがを負った事故を公表しなかった問題について取り上げた。橋本議員は「いずれも自ら公表したのではなく報道機関の取材で事実を認めたもの。危機管理の要諦はいち早く事実を公表することにある。職員の意識の中にミスはあってはならないという『無謬むびゅう神話』があるのではないか」と指摘した。

市の危機管理について質問する橋本洋一議員
DSC_1674

村山市長は「指定ごみ袋の問題では不具合を速やかに市民に伝えず、事故では情報提供を留保し、それぞれに適切さを欠く対応で、市民に不信感を抱かせてしまい深くおわびする」と重ねて陳謝した。今後の対応として、新たに情報提供の手引きを作るとともに職員の研修などを行う考えを示した。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/71139330 新潟県上越市下門前の市営施設リージョンプラザ上越で2017年2月18日、体育館の出入り口に設置されている「避難口誘導灯」を保護する金属製のカバーが外れて落下し、近くにいた40代男性が額を3針縫うけがを負った。市は、施設管理を委託している業者が点検を怠っていたと説明しているが、事故については公表していない。…
https://www.joetsutj.com/articles/00205458 新潟県上越市の指定ごみ袋に破れやすい不具合があった問題で市は2017年2月7日、市議会厚生常任委員協議会で交換の実績などについて説明した。先月末までに交換した割合は流通した不具合品の約5%だった。また、賠償として袋の全戸配布などは実施せず、代わりに子育て世帯へのごみ袋支援制度を拡…
https://www.joetsutj.com/articles/20177660 新潟県上越市の指定ごみ袋に破れやすい不具合があった問題で上越市議会は2016年12月13日、厚生常任委員協議会を開き、市から経緯の報告を受けた。不具合のあった袋は約84万枚に上り、市が7月に問題を認識していたにもかわらず公表しなかったことから、議員からは「市民を欺いた」など厳しい…
https://www.joetsutj.com/articles/56953710 新潟県上越市の指定ごみ袋の一部に破れやすい不具合があった問題で、市が不具合を2016年7月から認識していたにもかかわらず、公表したのは約5か月後の12月9日だった。市はレシートなどでの交換の措置を発表したものの、何も知らずに購入した市民に責任を押し付けた形となり、フェイスブックな…
https://www.joetsutj.com/articles/49261060 新潟県上越市の指定ごみ袋の一部に破れやすい製品があるという不具合が見付かり、同市では2016年12月15日から、袋を販売している小売店などで破れた袋を新品と交換する措置を取る。上越市の指定ごみ袋 同市の指定ごみ袋は、環境への配慮などからバイオマスプラスチック製で、原料には食用に適…