ホーム > 2020/01

リビングに滑り台がある家 上越市頸城区で1月25、26日にオープンハウス 西脇建設

6か月前

=記事広告=

室内に滑り台など遊び心を取り入れ、省エネ性能も併せ持った家が完成した。設計施工は新潟県妙高市白山町3の西脇建設・西脇建築設計事務所で、2020年1月25、26日に上越市頸城区望ケ丘でオープンハウスを開催する。

延べ床面積119平方m(約36坪)の家。ブルーが好きな家族に合わせ、外観をはじめ、カーテンや家具などにもブルーのカラーを取り入れた。

公開される家の外観
外観2

1階は、動線上に玄関、シューズクローク、洗面所を配置。帰宅したら靴やコートをしまう、うがい手洗いをするという流れが自然にできるよう工夫した。

洗面所はシューズクロークの横に。帰宅したらすぐにうがい手洗いができる
洗面

リビングは小上がりの畳スペースを中心に置き、その周りを回遊する間取り。階段の踊り場にはリビングに向けての滑り台が、階段下にはリビングとつながるトンネル状の“隠れ家”があり、子供がワクワクする仕掛けがいっぱいだ。

リビング周りには滑り台やトンネルなどの仕掛けも
リビング2_2

2階は、寝室以外を仕切りのないフリースペースに。ライフスタイルの変化に応じて、部屋にしたり収納にしたりできるよう可変性を持たせている。

リビングダイニング
リビング

「家事をストレスなくできる、うがい手洗いなどを習慣付けて子供の自立心を育むことができる、そんな間取りです。ぜひご覧ください」と同社。高気密高断熱で省エネ性能を高め、太陽光発電での創エネルギーで住宅のエネルギー収支をゼロ以上にする「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」(ZEH、ゼッチ)仕様となっている。

開催は午前10時〜午後4時。電話 0800-800-24280255-73-7321

上越市大和の同社モデルハウスも随時公開している。詳しくはこちら

オープンハウス会場(上越市頸城区望ケ丘)