ホーム > 2021/01

上越市などが大雪災害対策本部を設置 一斉雪下ろし今後検討

2週間前

大雪を受けて上越市と妙高市は2021年1月9日、それぞれ災害対策本部を設置し、第1回会議を開いた。

上越市 一斉雪下ろし今後検討

上越市の9日午前9時時点の積雪は、高田特別地域気象観測所の190cmを含む合併前上越市で平均200cm、安塚区で同308cm、浦川原区で同221cmに達し、県の災害救助条例の適用基準を超えた。条例が適用されると一人暮らしの高齢者など要援護世帯の除雪費用の半分を県が負担することになる。

このほかの区の積雪は、大島区で311cm、清里区で259cmと条例適用基準に迫っている。

市は9日から、高田地区を中心とした複数の地点で屋根雪の重さなどの観測を始めた。今後、雪の重さや降雪の推移を見ながら、一斉雪下ろし(一斉排雪)を検討する。

上越市の対策本部会議
iOS の画像

本部長の村山秀幸市長は「なかなか除雪が行き届かず申し訳ないが、一生懸命に取り組んでいることをご理解いただきたい。市民の皆様には不要不急の車での外出は控えてほしい」と呼び掛けた。

妙高市 新井地区中心に大量降雪

妙高市は新井地区で積雪が設置基準の2mを超えたことから豪雪対策本部を設置した。

妙高市の対策本部会議
豪雪対策本部

市によると、3日と9日に新井地区を中心に大量の降雪があり、新井消防署の9日午前9時の積雪は210cm。積雪が2mを超えるのは、2012年2月以来9年ぶりだという。9日の妙高地区の積雪は166cm、妙高高原地区は185cmで、いずれも新井地区より少ない。

妙高市での屋根の雪下ろし(9日)
雪下ろし

会議では、災害救助法の適用の目安235cm、県災害救助条例の適用の目安226cmが迫っていることから、雪下ろしの対象となる要援護世帯の事前把握などの対応を確認した。

市道では、雪壁で幅員が狭くなった5路線の排雪作業を5~7日に完了しており、雪で通行に支障が出ている箇所はない。

今冬の雪による事故は11件発生したことが報告された。このうち雪下ろしによるものが死亡事故を含め7件、除雪機によるものが3件、落雪1件となっている。

本部長の入村明市長は「絶対に道路を止めないことを念頭に、一歩、二歩先の対応をしてほしい。まだ1月初めだが、苦しいときはみんなで支え合うことを基本に、ぶれないで対応してほしい」と指示した。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/67103730 強い冬型の気圧配置の影響で上越地方は7日午後から8日にかけて雪が降り続き、新潟地方気象台によると8日午後6時時点の積雪は、上越市高田で156cm、安塚は238cm、妙高市関山では161cmを記録。各地で大雪となった。強い冬型は10日頃まで続く見込み。「顕著な大雪」大規模交通障害の…
https://www.joetsutj.com/articles/53752691 強い寒気の影響で2021年1月10日頃にかけて暴風雪や大雪が予想され、新潟県教育委員会は1月9日に予定していた直江津など県立中等教育学校6校の入学試験を11日に延期すると発表した。上越市内では小中学校14校が1月8日の休校や授業カットを決めた。上越市は交通機関の運休や停電、通行止めなどの情報を市ホームページで一元的にまとめている。…