ホーム > 2017/03

ご当地ソング「サンドパンのうた」発売! 3月18日を「サンドパンの日」に制定

9か月前

新潟県だけのB級グルメ「サンドパン」を盛り上げようと、上越タウンジャーナルは「3月18日」を語呂合わせで「サンドパンの日」に制定しました。これを記念して、オリジナルソング「サンドパンのうた」を発売しました。まずは歌を聞いてみてください。

新潟県だけのB級グルメ「サンドパン」
サンドパン表紙S

サンドパンは、コッペパンにバタークリームを塗った新潟県にしかない菓子パンで、レトロなパッケージが特徴です(過去の記事はこちら)。戦後、パン食による学校給食が始まり、庶民にパン食が普及していく中で生まれました。その後、パンの専門店が次々と出店する中、サンドパンは今も変わらず庶民に愛され続けています。上越タウンジャーナルの調べでは、現在新潟県内の15店前後でサンドパンが製造販売されています。

【音楽】「サンドパンのうた」唄:パン屋のけんちゃん

「サンドパンのうた」は、数え歌風の軽快な曲で、食べ飽きないサンドパンの魅力を歌っています。1分ほどの短い曲で、簡単に覚えられるので、歓送迎会やお花見の宴席などで余興にいかがでしょうか。

まずはYouTubeで歌を聞いてください。声域に合わせて男声バージョン、女声バージョンがあります。どんどん歌って、サンドパンを盛り上げましょう。

【中華風アレンジ】サンドパンのうた(唄:葵美惠)

「サンドパンのうた」楽譜(コード付き)

「サンドパンのうた」発売中!

「サンドパンのうた」をiTunesなどでデジタル配信しています。かわいいCD版もありますよ。

iTunesなどで配信中!

1曲の購入は150円、アルバムは4曲(歌2曲+カラオケ2曲)入りで300円です。iTunesストアなどで購入できます。

iTunesストアで購入する
itunes

Amazon Musicで購入する
AmazonMusic

このほか、Google Play MusicMoraレコチョクmusic.jpなどでも購入できます。

かわいいCD版も!

かわいいパッケージ入りのCD版も限定販売します。送料込みで1枚700円。上越タウンジャーナルのグッズショップから簡単に注文できます。残りわずか。

タウンジャーナルのグッズショップはこちら
(https://joetsutj.thebase.in/)
Untitled-1

3月18日に幻の「抹茶クリームサンドパン」を限定販売

上越のソウルフードとして人気の「小竹のサンドパン」を製造・販売する上越市南高田町、小竹製菓の小竹孝司社長は「サンドパンの日や、歌ができてありがたい。上越をサンドパンの町として、もっと発信していきたい」と話しています。

小竹製菓は、「サンドパンの日」制定と「サンドパンのうた」発売に協賛し、昨年11月に上教大付属中の生徒とコラボして文化祭で販売し、瞬時に売り切れた幻の「抹茶クリームサンドパン」を、2017年3月18日(土)午前10時から、限定販売します。1個150円(税別)。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/51715221 上越市内で製造販売されているサンドパン 「サンドパン」と言えば、新潟県生まれの人なら「コッペパンにバタークリームがはさんであって、レトロなデザインの袋に入っているやつ」と答えるだろう。ところが、県外の人はどうも、コロッケなどをはさんだ調理パンや、サンドイッチ風のパンなどを…
https://www.joetsutj.com/articles/80269624 上越教育大附属中学校で2016年11月26日(土)に開かれる「桜城文化祭」のおもてなしイベントで、上越市の老舗パン屋と生徒たちによるコラボパン「抹茶サンドパン」が限定販売される。生徒たちは「いろんな人たちから食べてもらいたい」と意気込んでいる。パンは同中の3年3組有志「抹茶フィーバー」のメンバーたちが考案。生徒たちは「小竹の…