ホーム > 2016/11

上教大附属中が小竹製菓とコラボ 「抹茶サンドパン」文化祭に登場!

3年前

上越教育大附属中学校で2016年11月26日(土)に開かれる「桜城文化祭」のおもてなしイベントで、上越市の老舗パン屋と生徒たちによるコラボパン「抹茶サンドパン」が限定販売される。生徒たちは「いろんな人たちから食べてもらいたい」と意気込んでいる。

パンは同中の3年3組有志「抹茶フィーバー」のメンバーたちが考案。生徒たちは「小竹のサンドパン」で知られる同市南高田町の小竹製菓にコラボパン作りを依頼した。「小竹のサンドパン」は同店を代表する看板商品で、素朴さをそのまま生かしたコッペパンに、自家製ホワイトクリームをたっぷりとはさまれている。コラボ販売は今回が初めてという。

今回限定販売される抹茶サンドパンには、愛知県西尾市の抹茶を使用した特製抹茶クリームと、従来のホワイトクリーム2種類を使用した=写真=

pan

生徒たちは事前に試作品を食べており、「自分たちが企画したことがこんな形になるとは思わなかった」、「とてもおいしい。小竹のサンドパンを食べたことがある人は絶対に興味を示してくれると思う」と話している。

考案した3年3組の生徒有志
huzokutyuu

1個140円。限定100個。販売は午前9時30分から午後1時30分。売り切れ次第終了。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/51715221 上越市内で製造販売されているサンドパン 「サンドパン」と言えば、新潟県生まれの人なら「コッペパンにバタークリームがはさんであって、レトロなデザインの袋に入っているやつ」と答えるだろう。ところが、県外の人はどうも、コロッケなどをはさんだ調理パンや、サンドイッチ風のパンなどを…
https://www.joetsutj.com/articles/52051484 サンドパンといえば、新潟県を代表するB級グルメ。コンビニエンスストアのセブン-イレブンが2013年8月19日、新潟県内限定で発売した商品「サンドパン」のパッケージデザインに、妙高市のセブン-イレブン上越新井国賀店(石川善文店長)でアルバイトをしている高校3年生、丸山帆波さん(18…
https://www.joetsutj.com/articles/97390230 昭和時代を生きた人なら誰もが食べたレトロな袋の「牛乳パン」。長野県内では約20店が今も販売を続け、地域のソウルフードとして人気を集めている。かつては新潟県上越地方でも、駄菓子屋や学校の売店でも売られたポピュラーなパンだったが、今では糸魚川市の1店だけになってしまった。上越と北信地方の現況を調べてみた。…