妙高市の重傷ひき逃げ事件で妙高市の34歳パートの女を逮捕

新潟県妙高市栗原の県道で、自転車に乗っていた上越市の女性(58)がひき逃げされ重傷を負った事件で、妙高警察署は2018年8月7日午後7時16分、自動車運転過失運転致傷と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、妙高市末広町のパートタイマーの女(34)を通常逮捕した。

発表によると、女は、8月6日午後11時23分頃、普通自動車を運転中、前方を走行していた女性の自転車に衝突。女性に全身打撲、眼底骨折などの重傷を負わせたが、救護措置をとることなく逃走した疑い。

同署によると、女は事件のニュースを見て自分かもしれないと思い、8月7日午前中に同署に出頭。当初は「物にぶつかっただけ」と容疑を否認していたが、その後の調べで「間違いない」と認めたという。

関連記事