ホーム > 2019/03

13区の桜も登場 短詩添えて「サクラ・花恋(かれん)ダァ」今年も発売

5か月前

新潟県上越市内の桜の名所を満載した「サクラ・花恋(かれん)ダァ」が今年も発売された。第5弾となる今回は13区すべての桜を紹介したほか、上越市出身のフリーライター相澤洋美さんによる短詩を添え、写真のイメージを広げている。

表紙は高田城三重櫓に上がる花火
表紙ff

制作したのは、上越市寺町1の広告代理業、エムエー・プランニング代表の寺尾昭人さん。すべての写真は寺尾さんが昨年撮影した。今回は板倉区寺野の芝桜、浦川原区の保倉川堤防の桜、大潟区の県立大潟水と森公園の桜、三和区風巻神社のエドヒガンザクラ、名立区日前神社の桜など、初めて13区すべての桜を紹介した。また、高田公園で撮影した写真5枚のうち、今回初めてサクラの紅葉を入れた。

4月は柿崎区坂田池湖畔の桜と、板倉区寺野の芝桜を紹介
4月

1月の高田公園内堀の冬景色には、相澤さんの「静かにその日を待っている/凛とたたずむ雪桜」との短詩が添えられた。4月の写真、柿崎区坂田湖畔の桜には「走り出す/もっと遠くへ/あなたの笑顔を/風のなかに、思い出す」との思いを重ねた。

寺尾さんは「短詩は、写真から受けたインスピレーションを元に、故郷への想いを巡らせて書いてもらった。(13区の桜は)今まで知らなかった場所に足を向けるきっかけになれば」と話している。

カレンダーはA2判。1ページが1か月分で4月から来年3月まで。1部1300円(税込み)。道の駅あらい内くびき野情報館(0255-70-1021)で発売中。蔦屋書店高田西店(025-527-5255)、蔦屋書店上越インター店(025-526-1800)でも販売予定。エムエー・プランニングのフェイスブックページ(https://www.facebook.com/drumsko.map)や、電話(090-4057-6603)でも注文を受け付けている。郵送の場合は送料が別途必要。