ホーム > 2018/03

免許センターが直江津駅前に移転へ JT跡地の10階建て複合ビル内に

9か月前

新潟県上越市は、中心市街地活性化などを目的に直江津駅前の日本たばこ産業 (JT) 上越営業所跡地に建設される10階建ての複合ビルに、県警の免許センター上越支所(柿崎区直海浜)を誘致する方向で協議を進めていることを開会中の市議会で明らかにした。

Jマテ.ランドコムが事業主体となり、同市西本町1のJT跡地に、1、2階がテナントで3〜10階が分譲マンションの複合ビルのほか、約180台の立体駐車場を整備する計画。総事業費は約31億円で、このうち約6億円を市と国が補助し、2018年度に整備する予定。

直江津駅前の複合ビル建設予定地
aaa

県警は新年度予算案に免許センター上越支所移転に向けた調査費を計上している。テナントとして複合ビルに入る方向で県警、事業者、市が協議を進めているという。

現在、柿崎区直海浜にある免許センターが直江津駅前に移転した場合、免許の取得や更新、講習などで年間約4万人の利用が見込まれるといい、市では「利用者がまちなかを回遊するしかけをしていきたい」としている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/91791303 新潟県上越市は2017年2月9日、中心市街地活性化のために直江津駅前の市有地を活用する民間事業者を選定したと発表した。事業者の提案によると、駅前の日本たばこ産業(JT)上越営業所跡地周辺に10階建ての複合ビルが2021年4月までにオープンする。…
https://www.joetsutj.com/articles/72276186 新潟県上越市は直江津駅前の日本たばこ産業(JT)上越営業所跡地を購入し、直江津の中心市街地活性化に資する民間施設を公募する。土地の一部は直江津学びの交流館の駐車場としても活用する。直江津駅前のJT上越営業所跡地 市が購入するのは昨年3月に撤退した同市西本町1のJT上越営業所跡地3…