ホーム > 2020/01

雪不足でレルヒ祭一部イベント中止 上越市は除雪業者に待機料前払い

6か月前

記録的な暖冬少雪で新潟県上越市の金谷山スキー場をメイン会場に2020年2月1、2の両日に開催される「日本スキー発祥109周年レルヒ祭」の実行委員会(大嶋賢一実行委員長)は1月23日、雪不足による一部のイベントの中止や変更を発表した。また上越市も除雪委託業者への待機料前払いや緊急金融支援策を実施する。

雪のイベントを中止

レルヒ祭で中止となったのは、2月1日の1日限りのスノーパーク、スノーモービル体験、レルヒキャンドルロード、あかりのパレードたいまつ滑降などのほか、本町商店街の雪灯籠設置。2日は陸上自衛隊高田駐屯地の雪中行軍、スノーモービル体験、レルヒ祭限定スキーレッスン会を取りやめる。また1日の本町商店街での雪中宝さがしをお楽しみイベントに、2日の一本杖スキーの披露は一本杖スキー術の紹介に、雪中高田探しは宝探しに変更する。

雪が全くない上越市の金谷山スキー場(2020年1月22日撮影)
雪のない金谷山

レルヒ屋台村や1日のミュージックスターマイン、ライブステージ、LEDスカイランタンリリースは行われる。

レルヒ祭ホームページ http://www.joetsu-kanko.net/special/lerch/

除雪業者に待機料前払い

一方、記録的な暖冬少雪で除雪車の出動が極端に少ないことから、上越市は1月22日、建設業などの除雪委託業者に除雪オペレーターなどの固定費を補償する待機補償料の一部約1億3700万円を前払いすることを決めた。待機料の30%に相当し、委託業者全102社を対象に2月上旬の支払いを予定している。

同市雪対策室によると、昨年12月1日から1月22日までの市内の除雪車の出動時間は、平野部で平年の1.3%、山間部で11.7%にとどまっている。

中小企業に緊急金融支援

上越市は少雪で売上減少などの影響を受けている中小企業への緊急金融支援として、市の制度融資「経営改善支援資金」の融資限度額を3000万円から4000万円に引き上げる。使途は運転資金。年利は1.75%で、1000万円を限度に1%分の利子補給も行う。

日本政策金融公庫は雪不足による影響を受けている、または受ける恐れのある新潟県内の中小企業と小規模事業者向けの相談窓口を県内の全4支店に設置した。スキー場関連の宿泊・観光事業者、除雪事業者からの融資や返済の相談にあたる。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/92855660 1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒」を過ぎても、新潟県上越地方は記録的な暖冬少雪となっている。気象庁の観測データによると、昨年12月1日から2020年1月20日までの上越市高田の降雪量はわずか6cm。1960年(昭和35年)12月以降の過去60年間の同期間の降雪量=グラフ=と比較しても、今冬の高田の異常な少雪が分かる。…
https://www.joetsutj.com/articles/00867884 新潟県妙高市特産の「かんずり」の主原料となるトウガラシの雪さらし作業が「大寒」の2020年1月20日、同市両善寺のロッテアライリゾートで行われた。暖冬のため平地ではできず、雪を求めて標高950mのスキー場に会場を変更した。外国人スキーヤーらが取り囲み、作業を興味深そうに見ていた。…