ホーム > 2018/05

健診やウォーキング、禁煙で入浴券ゲット 上越市「健康づくりポイント」スタート

3週間前

健康診断やがん検診の受診、スポーツイベント参加、ウォーキングや禁煙など健康につながる取り組みをした市民にポイントを付与し、獲得数に応じて温浴施設の入浴券などをプレゼントする新潟県上越市の「健康づくりポイント制度」がスタートした。市民の自発的な健康のための行動を促し、習慣づけることを目的としている。

スタートした「健康づくりポイント制度」をピーアールする上越市の保健師
DSC_3079-2

対象は18歳以上の市民で、ポイントを貯めることができる期間は2019年2月末まで。ポイントは健康診断やがん検診の受診、ウォーキング、運動を伴う講座やスポーツイベントへの参加など取り組みによって1〜5ポイントが設定されている。

健康診断や人間ドック、歯科健診は5ポイント、市の健診結果説明会参加や各種がん検診は3ポイント、3か月以上継続しているウォーキングや食生活の改善、スポーツジムでのトレーニング、カルチャースクールなどの施設が行う運動講座参加は2ポイント。禁煙(3か月以上)は2ポイントで、町内会や子供の運動会、スポーツイベント参加、健康のための定期的な登山、献血なども対象で1ポイントが付与される。
 
これまで運動や健康にあまり興味がなかった人のきっかけづくりを目的とした制度のため、ポイント加算は自己申告。取り組みカードに自分で実施した取り組みや日時、ポイント数を記入していく。15ポイントを貯めた全員に市温浴施設の入浴券がプレゼントされるほか、抽選でメイド・イン上越認証品などの地場産品が当たる。

取り組みカードは広報じょうえつ5月1日号と合わせ、1世帯に1枚配布されている。カードは1人で1枚使用するため、上越市役所や各区の総合事務所、南・北出張所で配布しているほか、市ホームページからダウンロードできる。応募は直接市役所などに提出するほか、郵送やメールでも受け付ける。
 
同市では導入初年度の本年度は1500人の市民の参加を見込んでいる。担当の健康づくり推進課は「今月から市の健診が始まる。ポイント制度をきっかけに健診を受けるほか、運動などの健康習慣を身につけてほしい」としている。

上越市のホームページ http://www.city.joetsu.niigata.jp/soshiki/kenkou/kenkou-point.html