ホーム > 2017/02

「高田公園オーレンプラザ」に 厚生産業会館の名称決定

3年前

新潟県上越市が高田公園内に建設中の(仮称)厚生産業会館の名称が「市民交流施設高田公園オーレンプラザ」に決まった。2017年2月21日、市が発表した。

市は昨年7月1日から8月1日まで名称を公募し、105件の応募があり、建設に向けたワークショップに参加した市民らからなる検討委で決めた。高田公園の春の「桜」、夏の「蓮」を、音読みしてつなぎ、分かりやすさと親しみやすさから、片仮名にした「オーレン」を採用した。

高田公園で建設が進むオーレンプラザ
DSC_1096

施設は、高田公園の陸上競技場南側、高田図書館西側のプール跡地に建設中で、敷地面積約1万8400平方m、延床面積は約5000平方m。多目的ホールは600席規模で客席を移動して平土間としても使える。こども施設は幼児向けのプレイルームや授乳室、公民館には陶芸室、調理室などを備える

建物は7月中旬に完成予定で9月29日にオープンする。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/93229264 新潟県上越市は高田公園内に建設を進めている(仮称)厚生産業会館の実施設計の内容を、このほど公表した。使い勝手向上やランニングコスト抑制の観点で基本設計から構造の一部を変更したが、建設費は基本設計と変わらない。今月下旬から入札を行い、2017年9月のオープンを目指している。施設は敷…
https://www.joetsutj.com/articles/84276435 新潟県上越市は高田公園内のソフトボール場を2018年度までに、駐車場や大規模イベントを開催できる広場として整備する。同公園内には陸上競技場や野球場があり、2017年度には新たに仮称・厚生産業会館がオープンする予定で、複数の大会やイベントが重なった際の駐車場確保が課題となっている。…
https://www.joetsutj.com/articles/52122722 新潟県上越市が計画している仮称・厚生産業会館建設の是非を問う住民投票実施の議案の採決が2015年3月26日、市議会本会議で行われ、賛成少数で否決された。議案は、建設費が計画当初より増額されたことなどから「市民の意思を直接問う必要がある」として日本共産党上越市議団が提案。市民の意見…
https://www.joetsutj.com/articles/52099614 新潟県上越市は2014年9月8日、仮称・厚生産業会館の基本設計を市議会建設企業常任委員会で報告した。これまで18億3500万円とされてきた建設費が、10億6000万円増額され28億9500万円と約1.6倍になった。市民参加型ワークショップでの提案などを反映したことや建築資材の高騰…

このほかの記事はこちら