ホーム > 2019/04

5月の開講にまだ間に合います!「ヤマハ音楽教室」無料体験レッスン参加募集中

3か月前

=記事広告=

ヤマハ特約店「二葉楽器」(新潟県上越市本町5)のヤマハ音楽教室は、2019年5月からの子供対象レッスン開講を前に、「無料体験レッスン」の参加を広く呼びかけている。今回は普段のレッスンがどのように行われているのか、上越市とよばのバロー上越センターで開かれている年中・年長児を対象とした「幼児科コース」を見学してきた。

岩下春奈さんが講師を務める
ヤマハ音楽教室2

訪問したのは「幼児科水曜午後3時30分クラス」。「幼児科コース」は保護者同伴のグループレッスンで、年中・年長児を対象とした2年間のカリキュラム。体を動かしたり、色々な曲を聴いたり歌ったり、エレクトーンを弾いたりと1回1時間のレッスンを年間40回行う。同クラスには現在、幼児科2年目の年長児4人が受講中だ。

講師は柔和な雰囲気が漂い、可愛らしい笑顔が印象的な岩下春奈さん。岩下さんは「幼児科の4、5歳は耳の力が著しく伸びる時期。音楽を聴く、歌う、弾くことで音感を養い、音楽のさまざまな表情やニュアンスを聴き分ける耳が育まれるんですよ」。音を聴き取る体験からスタートし、拍子、リズム、強弱などを自然に身に付けていくという。レッスン内では音感の育成に優れているとされるエレクトーンを使う。

保護者が隣に座り、レッスンはエレクトーンを使用
ヤマハ音楽教室3

1時間のレッスンで、生徒たちは体を動かすリズムステップからスタート。手の上げ下げや軽快なステップを踏み、笑顔で元気いっぱいの様子。その後は岩下さんのピアノに合わせ、和音やテキストの曲を歌うほか、エレクトーンで奏でる。聴く、歌う、弾くなどを織り交ぜ、子供たちの集中力が途切れないように岩下さんが楽しませながらレッスンを進める。

音楽に合わせ元気いっぱいに体を動かすリズムステップ
ヤマハ音楽教室1

エレクトーンは右手、左手、両手へと進んでいき、上手にできると岩下さんの「上手にできたね」の言葉にやる気もアップ。“ご褒美"にシールも配られ、子供たちはニコニコ顔。また、子供たちはうまくできなくても保護者が見守っていることから安心感もあるようだ。子供たちはレッスンを通し、音楽以外にも友達との関わり、親子の密なコミュニケーションを図ることができるメリットも。

上手にできると貼ることができる“ご褒美”のシール
ヤマハ音楽教室4

レッスンを受講してから子供たちにどのような変化があったのか保護者にも聞いてみると、男子の母親は「自分の得意なことが増え、『自分にはこれができる!』という自信がついたようです」、女子の母親は「歌が好きで毎回レッスンを楽しみにしているんですよ。人前に出て発表することが好きみたいです」などの声があった。

幼児科水曜日午後3時30分クラスの皆さんと岩下さん
ヤマハ音楽教室5

岩下さんは「子供の発達に合わせたレッスンで、創造力や表現力が養われるし、人前で表現することで、積極性も備わります。ぜひ体験レッスンに参加してみてくださいね」と呼びかけている。

幼児科2年目のMちゃん(年長)の「マリオネットのダンス」

無料体験レッスンについての問い合わせ、申し込みは二葉楽器 0120-345-218

ホームページ http://futaba-gakki.co.jp/