ホーム > 2018/02

【TJ調査隊】上越市が世界一の豪雪地ってホント?

6か月前

@bunnytown121さんのTwitterで、「世界豪雪都市ランキング」で上越市が殿堂入り扱いされているという画像が出回っていますが、詳細を調べてもらいたいです。(ACE!さん)

上越市が番外で豪雪都市の筆頭に(2月7日の「グッド!モーニング」)
Twitter

2018年2月7日のテレビ朝日系「グッド!モーニング」で、気象予報士の依田司さんが、福井県での豪雪に関連し、日本が世界に名だたる豪雪地であることを、アメリカの気象会社AccuWeatherのランキングを取り上げて解説しました。

不思議なのは1位の上の欄外に「新潟・上越市(日本)」とあり、966cmという記録が掲載してあることです。1位の青森市を上回る豪雪地があるという意味で、依田気象予報士が付け加えたものと考えられます。

AccuWeatherの「世界豪雪都市ランキング」

まずは、出典となっているAccuWeatherの「世界豪雪主要都市トップ10(英語)」を見てみました。

このランキングは、人口10万人以上の都市の年間降雪量を比較したものです。1位の青森市の年間降雪量は792cmとなっています。現在の青森市の平年値(1981~2010年平均)は669cmなので、集計期間が異なるのでしょうか。

上越市高田のランキングは2位?

ちなみに上越市高田の平年値(1981~2010年平均)は635cmなので、ランキングに当てはめると札幌市を上回り、2位ということになります。住民感覚からしても、札幌市や富山市を上回るのは当然でしょう。

上越市高田の雪に関する公式記録は1921年(大正10年)に高田測候所ができてからのものになりますが、1978年(昭和53年)以降は上越市の高田(旧高田測候所)、大潟区、安塚区、吉川区、板倉区にアメダス観測所が設置されました。

966cmの地点は安塚区だった

気象庁のホームページより
安塚

このうち、最も雪が深い安塚区のデータを見ますと、年間降雪量の平年値が966cmとなっており、依田気象予報士が示した積雪量と一致します。つまり、「新潟・上越市(日本)」としてあったデータは上越市安塚区のものである可能性が高いと思われます。

では、本当に上越市安塚区の年間降雪量(平年値)が世界一なのでしょうか。

安塚区以上の豪雪地はない?

例えば新潟県のデータだけをみても、津南(津南町)が1349cm、守門(魚沼市)が1343cm、湯沢(湯沢町)が1180cm、関山(妙高市)が1172cm、十日町(十日町市)が1169cmと、安塚区を上回る地点は存在します。また他県では、長野県野沢温泉の1177cmが安塚区を上回っています。

しかし、AccuWeatherの「世界豪雪都市ランキング」は “人口10万人以上の都市” での比較でした。つまり、この条件の下では、これらの地点はいずれも人口10万人以下なので、該当しません。

上越市は世界一の豪雪都市だった

やはり依田気象予報士が示したように、上越市は世界一の豪雪都市ということになりそうです。安塚区が “都市か?” と言われると疑問は残りますが……。