ホーム > 2019/08

炊きたてを味わって 上越の「いちる」が釜めし・すき焼き店にリニューアル

2か月前

=記事広告=

新潟県上越市下源入の四季邸一縷(いちる)がこのほど「釜めし・すき焼き いちる」としてリニューアルした。地場産素材を中心とした釜めしを炊きたての熱々で提供する。

「釜めし・すき焼き いちる」にリニューアル
外観

釜めしは新潟県産コシヒカリを100%使用しており、小鉢、みそ汁、薬味、漬物、出汁(だし)がセット。海鮮、肉、山菜など全10種あり、家族や友人とシェアして食べるのも楽しい。

炊きたての味が楽しめる釜めし(一例)
釜めし

人気は「日本海紅ずわい蟹釜めし」(1580円)で、釜からはみ出すような豪快なカニの盛り付けと濃厚な味わいに驚く人も多いという。豚角煮とトロッとした卵の組み合わせが絶妙な「柔らか角煮と温泉卵釜めし」(1580円)や、ナムル、ひき肉がたっぷりの「辛旨本格ビビンバ釜飯」(1320円)なども好評だ。

釜めしは注文を受けてから羽釜で炊き上げるもので、“おこげ”も釜めしならでは。ご飯を少し残し、最後に出汁(だし)をかけてお茶漬け風にして食べるのがおすすめ。

釜めしは全10種類
いちるメニュー

釜めしとともに「すき焼き」(3000円)を注文する人も。適度にサシの入った上質な牛肉を同店特製の割り下で楽しむ。国産牛130gに、野菜、先付け、お造り、ご飯、みそ汁、漬物、デザートが付く「すき焼きコース」(1人前5000円)もある。

釜めしとともに楽しむ人も多いすき焼き
すき焼き2

「おいしい恵みをぜいたくに詰め込んだ釜めしや特選牛を、ぜひご賞味ください」と同店。地酒、ワインなど、飲み物も豊富に用意。各種宴会、法要も受け付けている(予約で日中営業も可)。10人以上でマイクロバス送迎もある。

金額は税別。営業時間は、午後5時30分〜9時30分(金土曜、祝前日は10時まで。1時間前ラストオーダー)。火曜定休。

電話 025-530-8011

釜めし・すき焼き いちる