ホーム > 2015/05

平安セレモニーが初の創作和食店 R8沿いに8月上旬開店

6年前

新潟県上越市高土町3の冠婚葬祭業、平安セレモニーは2015年8月上旬、同市下源入の国道8号沿いに創作和食店「四季邸 一縷(いちる)」をオープンする。宴会や法要に使える大部屋3室と、4~8人用の個室68席分を備える。個室席は、ランチが800~900円のリーズナブル価格帯で、夜はおしゃれな居酒屋として利用できる。

建設中の「四季邸 一縷」。瓦屋根の高級感あふれる外観(2015年5月25日現在)
四季邸

同社では「冠婚葬祭だけでなく地域の多様なニーズに対応していきたい」と、初めて単独の飲食施設の建設に踏み切った。事務室など一部は2階に設けるが、飲食施設は平屋建てで瓦葺き。1階部分の延べ床面積は660平方m。女性専用のパウダールームも設ける。建物内はバリアフリーとなっている。

宴会や法要に使える大部屋は3室あり、計50人が収容できる。4~8人用の個室はイス式と掘りごたつ式、合わせて68席分があり、スペースは広く確保した。内装は高級感を出し、スタッフは着物スタイルで応対するが、「ファミリーまで幅広い層に利用いただきたい」とターゲットは絞らない。

料理は四季折々の旬の食材を使い、和食だけにこだわらず、洋食も取り入れていく。地酒はもちろん、ワインセラーを設け、ワインに合う和食も提案する。

ランチは午前11時~午後2時、ディナーは午後5時~10時。年中無休。場所は国道8号の下源入交差点から柿崎方面へ約200m北側。ガソリンスタンド跡地。

店舗の場所