上越市民の約47%が「購入に反対」 国宝の太刀取得アンケート結果を公開

新潟県上越市が購入の方針を示している上杉謙信の愛刀で国宝の「太刀無銘一文字(号 山鳥毛)」について、上越タウンジャーナルが実施したアンケートの結果を発表します。2910人が回答し、回答者全体では「購入に反対」が43.5%を占め、上越市内在住者に限ると約47%が反対という結果になりました。年齢、居住地別などのデータを公表します。

numbers1

このアンケートは、上越市が市民などの寄付を募りながらこの太刀を購入する方針を明らかにした翌日8月24日から9月21日まで、上越タウンジャーナルのサイト上で実施しました。「市の方針に賛同して、個人として寄付するなら、いくら寄付しますか? それとも購入に反対ですか?」という問いで、6つの選択肢を用意しました。

全体で2910人が回答しました。「購入に反対」という回答は、上越市在住者が約47%なのに対して、県内在住者が31.2%、県外在住者が24.1%と、同市から離れるほど少なくなる傾向が見て取れます。

集計結果は次の通り(タブをクリックすると居住地別、年齢別などの結果を見ることができます)。

{{ POLLREPORT | qh2mji3 }}

アンケートのページ

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/90871090
https://www.joetsutj.com/articles/98210880
https://www.joetsutj.com/articles/58570146
https://www.joetsutj.com/articles/36871532
https://www.joetsutj.com/articles/37390279