ホーム > 2020/06

解体予定の建物も売れる!? 上越市の市川工業が解体から土地売却までサポート

1か月前

=記事広告=

新潟県上越市で約35年間、住宅をはじめとする建物の解体工事などを手がけてきた同市東城町1の市川工業(市川雅樹代表)。解体だけでなく建物や土地の売却なども請け負っており、無料査定や土地活用に関する提案も行っている。

空き家など年間300件以上の建物を解体を行っている
解体例2

空き家や店舗、工場など、同社が行う解体業務は年間で300件以上。宅地建物取引業の許可を持つため、解体から廃材処理、建物・土地の売却のほか、家財不用品の買い取り、墓じまいや仏壇・神棚の供養まで、不動産の処分をトータルでサポートできるのが特徴だ。1社で全てできることから、処分費用も抑えられるという。

同社は不動産の無料査定も行っており、建物の売却や賃貸での活用、解体、土地の売却など、所有者にとって一番良い形を提案する。

住宅解体後の土地売却も同社がサポートする
解体例3

大きさや立地などの条件にもよるが、一般の木造住宅なら解体にかかる費用は100万円程度から。解体後に土地を売却できれば解体費用相当分が賄えたり、利益が出たりする場合もあるという。

チラシ

「解体工事を行う場合は極力安価で行うのはもちろん、少しでもお客様の手間などの軽減と不動産収入のサポートができれば。まずはお気軽にお問い合わせください」と市川代表は話している。

ホームページはこちら。施工事例と価格はこちら

問い合わせは同社まで。電話 0120-584-850(第2・4土曜、日曜定休)。

解体などを行う不動産部門のスタッフ
スタッフ2

市川工業