ホーム > 2021/07

大規模接種センターの締め切り延長 上越市内企業の申請想定下回る

3か月前

新潟県上越市は2021年7月2日、県設置のユートピアくびき希望館(頸城区)の新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの申請締め切りを、先月30日から今月8日までに延長すると発表した。同センターでは3日から希望した企業単位での接種が始まり、初日は約2000人を予定している。

同市によると、当初、おおむね20人以上の市内企業の従業員と同居する18歳以上の家族約3万5200人を見込んでいたが、1日時点での申請は146団体約1万5000人にとどまったことから、締め切りを延長した。

23〜64歳の市の集団接種は7月24日から始まるが、7月3日に始まる大規模接種センターの方が早いことから、市では企業に対して積極的に同センターでの接種の検討を呼び掛けている。20人未満の企業についても柔軟に相談に応じる。

また、企業の職域接種の締め切り後、一般市民を対象とした同センターでの接種実施に向けて、今後県や周辺自治体と協議するという。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/02910956 新潟県上越市は2021年6月29日、新型コロナウイルスワクチンの65歳以上の接種率が、6月27日時点で約7割となったことを明らかにした。1回目の接種を終えた人は9割を超えており、予定通り7月末には全員の接種が完了する見通し。また7月10日からの16〜64歳の集団接種は、16〜22歳を優先して7月中に1回目の接種を行うと発表した。…