ホーム > 2021/07

上越市が車検切れの公用車を運行

3か月前

新潟県上越市は2021年7月2日、同市都市整備部下水道建設課が管理する公用車1台を車検切れの状態で運行していたと発表した。同市は同日、上越警察署に届け出た。

市によると、公用車は同課の職員が工事現場への移動などに使っている軽自動車。今年6月9日で車検が切れていたが、7月2日まで10人が延べ35回373kmを運転していた。

車両管理台帳には車検満了日が記されており、7月に入って6月に予定されていた自賠責保険の支払いを確認したところ未払いであることがわかり、車検切れも判明したという。

市が確認したところ、車検切れは同課のこの1台だけだという。同課では「車両管理台帳の確認の徹底など、再発防止に努める」としている。