ホーム > 2015/05

なつかしの味 昭和レトロの「牛乳パン」探訪記

3年前

戦後の昭和時代を生きた人なら誰もが食べたレトロな袋の「牛乳パン」。長野県内では約20店が今も販売を続け、地域のソウルフードとして人気を集めている。かつては新潟県上越地方でも、駄菓子屋や学校の売店でも売られたポピュラーなパンだったが、今では上越市1店、糸魚川市1店だけになってしまった。上越と北信地方の現況を調べてみた。

なつかしいデザインの各種牛乳パン
牛乳パン袋各種S

「牛乳パン」は、パン生地に牛乳を練り込み、焼いてから切り分けて、バタークリームをはさんだもの。発祥は良く分からないが、昭和時代に入って牛乳の消費増加に伴い、誕生したパンらしい。

栄養価が高い牛乳をイメージした乳白色のパッケージに、レトロ調の子供や牛の絵が描かれているのが特徴だ。いのや商店(糸魚川市)、小林製菓舗(豊野)、岩崎(小布施)がほぼ同じ絵柄。カバンを肩からかけている男の子のデザインが印象的だが、良く見ると、絵のタッチや線の太さなどが微妙に違っている。丸十製パン清水商店(信濃町)と、廃業したキムラヤ(妙高市)が同じデザイン。デザインはやや垢抜けているが、英語で「COW BRED(牛パン?)」と書かれ、Breadの綴りが違う。

○……上越市内で牛乳パンを製造・販売しているのは、寺町2の「岡村製パン店」1店のみ。同店は昭和2年創業で、その頃から牛乳パンを製造していたという。袋のデザインは、基本的に変わっていない。本店の「ヌベールおかむら」のほか、イオン上越店や労災病院売店、上越市役所売店にも卸している。生産量が少ないため、すぐに売り切れることがある。電話025-523-3518。

岡村製パン店の牛乳パン
岡村製パン店1S

○……糸魚川市で牛乳パンを製造・販売しているのは、本町の「いのや商店」1店のみ。60年以上も変わらない味とレトロな袋が人気で、帰省した人がまとめ買いするなど、「いのや」を代表する商品になっている。白、黄、ピンクの3色ある「牛乳パンTシャツ」も同店で販売している。電話025-552-0260。

いのや商店の牛乳パン
イノヤ2S

牛乳パンTシャツ(いのや商店)
イノヤTシャツS

9等分に切り分けて袋詰め(いのや商店)
イノヤ工場S

○……妙高市中町の「キムラヤ」 でも牛乳パンを販売していたが、2014年9月に廃業してしまった。二代目の池亀善一さんは「店は昭和30年創業だが、いつから牛乳パンを作ったかは分からない。懐かしさで買っていく人が多かった」と話す。

妙高市キムラヤの牛乳パン
991118木村屋の牛乳パンS

○……長野県に入ると、信濃町柏原の「丸十製パン清水商店」は、昭和30年代の創業だという。電話026-255-2154。同じ柏原の「カド万商店」も牛乳パンを販売していたが、2014年2月に廃業してしまった。

丸十製パン清水商店の牛乳パン
丸十製パンS

○……飯山市飯山田町の「木村屋製パン店」は、「牛乳パンは戦後に店を再開してからではないか」と話す。牧場の柵に少女が腰掛けているパッケージである。電話0269-62-2469。

木村屋製パン店の牛乳パン
木村屋製パンS

○……長野市豊野の「小林製菓舗」も昭和30年の創業で、約60年の歴史を持つ。電話026-257-2267。

小林製菓舗の牛乳パン
小林製菓舗S

○……小布施町の「小布施岩崎」は文久2年の創業だが、「牛乳パンは昭和30年代頃からではないか」と話す。観光客が、懐かしがってまとめ買いしていくそうだ。傷みやすい暑い時期は販売しない。製造数が限られているので、予約すると良い。電話026-247-2200。

小布施岩崎の牛乳パン
小布施岩崎S

○……松本市大手4の松本城近くの路地にある「小松パン店」は、大正11年創業の老舗パン店。松本名物としても有名な「牛乳パン」は、パンも分厚いがクリームの量がすごい。日曜、祝日が定休なので注意。電話0263-32-0172。

小松パン店の牛乳パン
小松の牛乳パンS

【注】上越市の岡村製パン店が牛乳パンを製造・販売していたことが分かり、記事の一部を書き換えました(2015年5月11日)

サイト内関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/51715221 上越市内で製造販売されているサンドパン 「サンドパン」と言えば、新潟県生まれの人なら「コッペパンにバタークリームがはさんであって、レトロなデザインの袋に入っているやつ」と答えるだろう。ところが、県外の人はどうも、コロッケなどをはさんだ調理パンや、サンドイッチ風のパンなどを…
https://www.joetsutj.com/articles/51716995 全国的にB級グルメが脚光を浴びている中、上越市高田地区を中心に戦前から綿々と食べ続けられている庶民のお菓子がある。それは「夜光パン」という、なんともインパクトのあるネーミング。今も上越市内の10店以上の和菓子店で販売され、最近になって売れ行きが伸びているという。そのネーミングの秘…