ホーム > 2019/06

累計2000棟達成のハーバーハウス 上越市下源入で6月29、30日にデザイン住宅を2棟同時公開

3か月前

=記事広告=

低価格高品質のデザイン住宅を提供する「ハーバーハウス」(本社・新潟市)は、2019年6月29日(土)、30日(日)、新潟県上越市下源入で完成見学会を2棟同時開催する。現在は年間390棟超、今春累計販売数2000棟を達成した同社が今回公開する家は、いずれも人気の門前エリアで新設の有田小学校区内にあり、ホワイトの外壁が印象的なスタイリッシュなデザインと生活効率を考えた設計が見どころだ。

ガルバリウム外壁+無垢の家

1棟は、敷地面積約60坪、延床面積約42坪(カーポート含む)で、外壁にガルバリウムと無垢パネルを組み合わせた同社が展開するラインナップ「ORGA」がベースの3LDK住宅。

横葺き外壁が印象的な家
会場_3

ホワイトの横葺きガルバリウム壁に、モスグリーンのパネルでアクセントを効かせたスタイリッシュな外観が印象的な家。

室内の床には、個性的な縞模様を持ち耐久性の高い無垢のアカシアを採用し、心地良く温かみのある空間を演出。2階には家族全員が使える大容量のウォークインクローゼットを配置しており、日々増えていきがちな物もたっぷり収納でき、スッキリした室内を保つ一助になる。

見学会の詳細はこちら

収納や動線で家事を助ける家

隣接するもう1棟は、敷地面積約66坪、延床面積約46坪(カーポート含む)の4LDK住宅。2階には、普段使わないものをしまっておける便利な納戸を2か所設けた。

真っ白な外壁に包まれた家
会場_2

造作キッチンカウンターを設けたほか、キッチン背面部分を広くして鍋や食器などの収納スペースをたっぷり取れるようにしたレイアウト。キッチンから洗濯機がある脱衣場まで一直線になるようにした水回り動線など、家事が楽になる工夫を加えている。

室内には美しい鏡面調仕上げの最高級床材「ハピアフロア」を採用。リビングをモダンに演出し、暮らしに彩りを添える。

見学会の詳細はこちら

スタイリッシュな室内(施工例)
内観イメージ写真

販売棟数2000棟達成

新潟市に本社を構え、上越市加賀町に上越支店を持つ同社は、創業時より省エネ性能とデザイン性の高い住宅の提供を得意としてきたという。年間販売数は390棟を超え、今春には創業から約13年で累計2000棟を達成。 県内でも有数のスケールメリットを生かしたコストダウンにより、高品質でありながら低価格での住宅提供を可能としている。

TOPICSPC_SP_1200x628-1024x535-640x334

来場者にはプレゼントも

上越タウンジャーナルを見て来場した人には、生活お役立ちグッズのほか、子供にもお楽しみプレゼントが。さらに初めて同社の見学会に参加する人には夫婦箸をプレゼントする。

公開は午前11時〜午後6時。平日見学希望は応相談。見学会会場では靴下の着用が必要となる。

問い合わせは 0120-208-095

ハーバーハウス2棟見学会