ホーム > 2016/07

ポケモンGOで上越市教育委員会が小中学生の保護者に注意呼び掛け

2年前

世界中で大ブームになっているスマートフォンゲーム「ポケモンGO」について上越市教育委員会は2016年7月25日、同市立の全小中学校74校の保護者に対して、児童生徒がプレーする際には安全に配慮するよう求める注意喚起を行った。

ポケモンGOの起動時に表示される注意喚起のメッセージ
tyuui

市教委は各校の「PTAメール」で保護者にメールを送信した。メールでは日本より先にポケモンGOがリリースされた外国の事例として「ゲームに夢中になり過ぎて、子どもだけでなく多くの若者が建造物への侵入をはじめ、不慮の事故にあったり金銭トラブルに巻き込まれたりする事案が発生しています」と説明。プレーする際の注意点として▽保護者同伴で遊ぶこと▽歩きスマホなどによる交通事故への注意▽私有地などへ入らないこと▽有料のアイテム購入など無駄遣いをしないこと──などを挙げて、保護者に指導を徹底するよう呼び掛けている。

市教委では「今のところポケモンGOに関して児童生徒のトラブルの報告はないが、市内でも高田公園や名所旧跡などが対戦場所に指定されている。くれぐれも注意してほしい」としている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/97295657 世界中で人気のスマートフォンゲームアプリ「ポケモンGO」。日本でも大ブームとなっている。新潟県上越市は東京23区の約1.5倍という広く、ポケモンGOをやろうにも、自宅の回りには「ジム」も「ポケストップ」もないという人も少なくないはず。日本でのリリースから一夜明けた2016年7月23日、上…