ホーム > 2021/03

ヤマハ音楽教室・ヤマハ英語教室の春の無料体験 上越地域10教室で実施中 二葉楽器

5か月前

=記事広告=

新潟県上越地域で、ヤマハ音楽教室とヤマハ英語教室を展開する「二葉楽器」(本店・上越市本町5)は、2021年5月から本年度のレッスンを開講する。開講を前に、無料体験を実施している。

ヤマハ音楽教室

音と遊びながら音感を養う未就園児、幼児コースのほか、ピアノやエレクトーンで幅広いジャンルの曲を弾き、音楽力を高める小学生コースがある。

4、5歳の年中・年長児を対象とした「幼児科コース」。同社によると、4、5歳は耳の力が著しく伸びる時期で、この時期にたくさんの音楽を聴き、歌い、弾く体験を重ねることや、“こころ”と“からだ”で丸ごと音楽に向き合うことで、さまざまな表情やニュアンスを聴き分ける耳が育まれるという。

保護者と一緒に学ぶ幼児科コース
音楽

レッスンはグループで、幅広い音楽体験を実現するエレクトーンを使用。片手ずつから始め、両手で1曲を弾けるようになることを目指す。音感や読譜力を養うソルフェージュ、ハーモニー感、人と合わせる感覚、伴奏など総合的な音楽力を身につけていくという。

2年間のカリキュラムで、レッスンは1回1時間(入れ替え時間含む)、年40回。レッスン料は月額7150円(税込み。教材費、施設費等は別途)。レッスンには保護者が同伴する。

ヤマハ英語教室

0〜5歳の各年齢に合わせた幼児コースのほか、小学1〜3年生、4〜6年生の小学生コースがある。

幼児では、英語の絵本の読み聞かせをするほか、ヤマハならではの英語のオリジナルソングに合わせて体を動かし、日本語にはない英語特有のリズムを身に付ける。

絵本などを使いながら学ぶヤマハ英語教室
英語

小学生では、日常生活での英語の基本表現を自分の言葉で話し、「聞く」「読む」といった英語を受け取る力だけではなく、「話す」「書く」の日本人が苦手な英語で発信する力を育てる。学校での英語教育も必修化されているため、4〜6年生コースでは中学1〜2年生の英語表現も身につける。 

レッスンは1回1時間で、年42回。レッスン料はコースにより異なる。

音楽、英語の体験レッスンは上越地域10教室で随時実施している。日程の確認や申し込みは二葉楽器のホームページから。

大人も体験レッスンOK オンラインレッスンもスタート

同社はヤマハの教室以外にも独自の大人音楽教室や英語教室も開講しており、幅広い年代の生徒が学んでいる。2月からは音楽大学受験対策として、県外講師と連携したギター、サックスのオンラインレッスンも始めた。大人向け教室の体験レッスンも受け付けている。

県外講師とつないだオンラインレッスンもスタート
オンラインレッスン

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各レッスンは10人以下で実施。また教室の24時間換気や鍵盤などの消毒も併せて行っている。

「音楽も英語も年齢やレベルに適したレッスンを行っています。ぜひ体験レッスンに参加していただければ」と同社では話している。

各問い合わせは二葉楽器まで。電話 0120-345-218

ホームページ http://futaba-gakki.co.jp/