ホーム > 2019/06

iPhoneは長く使う時代に 「モバイル修理.jp 上越店」が1周年記念で割り引き

4週間前

=記事広告=

iPhoneの修理の専門店、新潟県上越市土橋の「モバイル修理.jp 上越店」が2019年6月、オープン1周年を迎えた。iPhoneを長く使ってもらうため、7月末までバッテリー交換や画面のガラスコーティング(G-PACK)を最大500円引きにしている。

笑顔で迎える「モバイル修理.jp上越店」のスタッフ
スタッフ2

同じ端末を長く使う時代に

2019年秋をめどに施行される電気通信事業法の改正に伴い、通信料金とスマートフォンの端末代金が分離され、契約継続を条件とする端末の割引は禁止される。通信料金は値下げされるが、スマホ本体の値引きは抑えられる。このため、高額な最新端末を頻繁に買い替える人は少なくなり、同じ端末を長く使う人が多くなるとみられている。

iPhoneを長く使うためには、①バッテリーの交換 ②画面の保護 の2つが重要になってくる。

バッテリーは最大容量の85%以下が交換の目安

iPhoneのバッテリー状態のチェックは簡単にできる。「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」を見れば、新品時と比べたバッテリー容量が分かる。これが85%を切ったら「交換のサイン」となる。

バッテリー容量の確認方法
バッテリー確認↓入り

バッテリーの交換方法は2通り

バッテリー交換には2通りの方法がある。1つはAppleの正規店で純正バッテリーに交換する方法。Appleでの交換は信頼感があるが、料金は割高で、端末を宅配便で送らなくてはならず、データはすべてクリアされる。

非正規店での交換は料金が割安で、交換作業も短時間で完了し、データも残るが、信頼性の高い業者を選ぶ必要がある。「モバイル修理.jp」は総務省が2015年4月に設けた登録修理業者制度に登録しており、合法的に本体の分解を伴う修理ができる。互換バッテリーや部品の品質も高い。

バッテリー交換は意外に安い?

「モバイル修理.jp」にiPhoneを持ち込むと、最短15分で交換が可能。料金はiPhone6、6Sが5,600円(税別)、iPhone7は6,600円(税別)など。「上越タウンジャーナルを見た」と言うと、7月末まで300円引きとなる。午後4時30分までに持ち込むと、「昼割」としてさらに200円引きとなる。

衝撃も吸収するガラスコーティング

高価なiPhoneの画面にキズが付いたり、落として画面が割れるのを防ぐために、保護シートを貼っている人は多い。だが、上手に貼るのが難しいし、手触りも変わってしまう。

次世代ガラスコーティング「G-PACK」は、画面にガラス被膜を形成するため、傷が付きにくく、汚れにくい。最高の硬度10Hのため、画面を刃物からも守り、強い衝撃を与えても吸収してしまう。料金はiPhoneが3,000円、iPadが4,000円からと手軽で、2年前後効果が続く。

「G-PACK」のカッターテスト
カッターテストS400

「G-PACK」のハンマーテスト
ハンマーテストS400

バッテリー交換と同様に「上越タウンジャーナルを見た」と言うと、7月末まで300円引きとなる。さらに午後4時30分までに持ち込むと、さらに200円引きとなる。

1周年を迎えた「モバイル修理.jp上越店」
店舗

モバイル修理.jp 上越店
所在地 新潟県上越市土橋830-1
営業時間 10:00~19:00
電話 0120-305-990
定休日 日曜・祝日、土曜は不定休
公式サイト https://mobile-shuri.jp/joetsu
「モバイル修理.jp上越店」