ホーム > 2020/03

キューピットバレイ3月末で解散 少雪で売上減少 三セクでスキー場など運営

5か月前

新潟県上越市安塚区でスキー場や温泉を運営しているキューピットバレイ(石田和久社長)が2020年3月10日、3月末で会社を解散することが分かった。同社は同市出資の第三セクターのJホールディングス傘下の会社。10日に開かれた市議会文教経済常任委員会で、同市の市川均産業観光交流部長が明らかにした。

市によると、4日にキューピットバレイから、来年度のスキー場など関連施設の指定管理の辞退と3月末での会社解散の意向が示された。今冬の記録的な暖冬少雪で、スキー場の売上が減少して業績が悪化し、来年度以降も業績悪化が見込まれるため、会社解散の判断に至ったという。

キューピットバレイスキー場(同スキー場のパンフレットから)
3829

同社の日帰り温泉施設「雪の湯」は老朽化などにより源泉の湯量が減少しており、当初今年11月に休止して、隣接する宿泊施設の「久比岐野」の浴場を拡張する計画だった。しかし、湯量が安定せず急きょ昨年末から営業を休止している。市は休止に伴う減収補てん約1400万円の本年度補正予算を3月議会に提案している。また暖冬少雪による減収補てんについても、市は同社と協議を行っていた。

市では同社の会社解散の判断は「予想外だった」としており、今後は新たな指定管理者を探す方針。

キューピットバレイのホームページ https://www.yukidaruma-kogen.com/

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/88867606 新潟県上越市は2020年2月17日、市が25%以上出資する温浴施設などの第3セクターの経営健全化に向けた検討結果概要を上越市議会に報告した。設立間もない一般財団法人上越市地域医療機構を除いた、対象の24法人すべてが、廃止や民営化を含めた何らかの対応が必要と判断された。…
https://www.joetsutj.com/articles/26609345 新潟県上越市は安塚区のキューピットバレイスキー場にある日帰り温泉施設「雪の湯」を来年11月に休止する。施設の老朽化などが理由で、隣接する宿泊施設「久比岐野」の浴場を拡張して、日帰り温泉の機能を維持する。関連議案を市議会9月定例会に提出する。…
https://www.joetsutj.com/articles/24176456 新潟県上越市の温浴施設などの第3セクター7社を傘下に置く持株会社「J─ホールディングス」(西本町4、早川寿男社長)が、事業会社4社が赤字を計上するなど設立時に掲げた「3年間で全社黒字」の目標が達成できず、厳しい経営状況となっている。同社傘下以外にも経営状況が悪化している3セクがあり、同市は25%以上出資する25の第3セクターについて、2019年度に民間譲渡や廃止などを含めた方向性を決定する方針だ。…
キューピットバレイスキー場