ホーム > 2021/04

くびき野バス運転手を逮捕 横断歩道を歩行中の女性はねる

6か月前

2021年4月30日正午頃、新潟県妙高市中町の市道で、同市に住む70代女性が路線バスにはねられ、上越市内の病院に救急搬送された。妙高警察署は同日午後0時28分、路線バス運転手でくびき野バスに勤務する上越市清里区菅原の梅津幸三容疑者(71)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。梅津容疑者は「女性をひいたことは間違いない」と容疑を認めている。

事故現場
1

事故は中町交差点で発生。梅津容疑者が運転する路線バスが新井駅方面に左折したところ、青信号で横断歩道を歩行中の女性をはねた疑い。妙高署によると女性は頭を打ったが意識はあるという。

梅津容疑者が勤務するくびき野バス(上越市)によると、梅津容疑者はこの日、定員15人の小型バスに乗務し、高田駅前から新井ターミナル間を運転していた。同署によると事故当時、乗客はいなかったという。

梅津容疑者の逮捕を受け、同社の相馬利昭社長は「けがをされた女性の方には大変申し訳ない思い。本人は取調べ中でまだ話せていないため、状況が把握できていない」と話していた。

事故原因などは同署が捜査中。

事故現場