ホーム > 2016/12

道の駅あらいでひき逃げ 宮城県の46歳会社員を再逮捕

4年前

妙高警察署は2016年12月4日午前10時33分、新潟県妙高市猪野山の「道の駅あらい」の駐車場でひき逃げしたとして宮城県仙台市の会社員佐藤弘昭容疑者(46)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで再逮捕した。

発表によると佐藤容疑者は2016年11月13日午後3時14分頃、「道の駅あらい」の構内駐車場でライトバンを運転し、駐車場から構内の市道に後退した際、市道で停止していた軽ワンボックスカーに衝突し、運転していた妙高市の会社員男性(36)に頚椎捻挫の軽傷を負わせたが、救護の措置を取らずに逃走した疑い。

同署によると、被害に遭った男性が車両の特徴やナンバーなどを覚えていたという。佐藤容疑者は「バックしたのは間違いないが、衝突した覚えはない」と容疑を否認している。

佐藤容疑者は11月13日午後4時25分、同容疑者の車を発見した警察官から飲酒検知を受ける際に、同警察官の顔面を水筒で打ちつけ、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕された。その後の捜査で今回の容疑が浮上した。

地図