ホーム > 2017/07

大型トラック民家に突っ込む 上越市の国道253号で

4か月前

新潟県上越市浦川原区小谷島の国道253号上で2017年7月11日午前10時頃、走行中の大型トラックが横転し、国道沿いの古家一美さん(65)宅に突っ込む交通事故があった。事故当時、古家さん宅は家族が留守で、トラックを運転していた50代男性を含め、けが人はいない。

民家に突っ込んだ大型トラック
20170711-DCS_4842

上越警察署によると、大型トラックは十日町方面から直江津方面へ向かっており、右カーブ直後の直線道路で横転して、古家さんの木造2階建て住宅と車庫に突っ込んだ。大型トラックは最大積載量11トンで、木くずをほぼ満載にして走行していた。

上越市浦川原区小谷島の事故現場
20170711-DCS_4836

古家さんは妻と長男の3人暮らし。古家さんによると、事故当時は全員外出していたという。古家さんは近隣住民からの電話を受け、すぐに帰宅した。古家さんは「15年ほど前にも、車庫に乗用車が突っ込んできたことがある。日頃からスピードを出す車が多くて、本当に危ない」と話していた。近所に住む町内会長の男性(60)は「午前10時頃、ズーンという鈍い音がした。外に出てみたら、トラックが横転していた」と語った。

現場では、事故発生直後から午後3時過ぎまで、全面通行止めや片側交互通行などの交通規制が行われた。

事故現場