ホーム > 2017/06

上越市の「シェアハウス大町」が完成 対象は女子学生5人 7月から募集

2年前

新潟県上越市大町3の町家を改修した学生向けの「シェアハウス大町」がこのほど完成した。学生を呼び込むことで地域の活力向上を図ろうという同市の事業で、女子学生5人の入居を想定しており、7月から募集を開始し9月からの入居を予定している。

同市には、上越教育大学と県立看護大学の2大学がある。街なかに学生を呼び込み活性化を図るとともに、空き家の活用促進などに向けたモデル事業として、市が大町3の築105年の町家を購入し、改修した。

土間のある玄関
DSC_30531

シェアハウスになる建物は木造2階建てで延床面積194.5平方m。1階には土間や吹き抜けのある共用スペース、台所、浴室などがあり、2階は5つの個室になっている。

玄関から入った吹き抜け
DSC_3045

共用スペース
DSC_3032

1階の共用スペースに隣接するキッチン
DSC_3038

2階にある個人の居室の入り口
DSC_3026

1階の洗面所とバスルーム
DSC_3030

入居できるのは、市内外の大学や大学院、専修学校などに在学する人で、定員は5人。市は安全安心などのニーズについて調査した結果、女性に限定した。家賃と電気、ガス、水道などの維持管理費を合わせて1人当たり月額2万3千円前後となる。地域の祭りや町内行事などに積極的に参加することが求められている。

今後は7月に入居者募集を開始し、内覧会や宿泊体験などを行い、8月に入居者を決定、9月から入居開始の予定。