ホーム > 2020/06

上越蓮まつりが今年から「高田城址公園観蓮会」に名称変更 外堀では早くも開花

3週間前

新潟県上越市の高田城址公園で毎年開かれている「上越蓮まつり」が、今年から「高田城址公園観蓮会かんれんかい」に名称変更される。実行委員会が2020年6月19日に発表した。また、新型コロナウイルス対策として、今年は園内のイベントを中止するなど開催規模が縮小される。会期は7月18日から8月23日まで。

北堀で早くも花を咲かせるハス(2020年6月19日午前10時頃撮影)
20200619北堀2

名称変更で春夏の2大花見をアピール

祭りは「東洋一」と呼ばれる同園のハスの見頃に合わせ、毎年夏に開催されている。名称変更は、今年4月に公園名が変更されたことを受け、春の観桜会と名称をそろえることで、上越市の2大花見としてアピールする狙いがある。

新型コロナの影響で公園内イベントなどは中止

今年は新型コロナ対策として、園内に感染予防を呼び掛ける看板を設置し、園内トイレに消毒液を設置する。また、不特定多数を集客するイベントや事業の中止を決定。中止するのは、観光ボランティアガイド、蓮まつり物産展、蓮めん販売、上越オクトーバーフェストほか、園内で実施するイベント。

のぼり旗や「お休み処」は設置

オンラインや新しい生活様式を取り入れた事業は実施するとし、熱中症対策として堀沿いに設置される日よけ小屋の「お休み処」は、いわゆる「3密」を避ける形で設置。同園を含めた市内周遊のモデルコースをインターネット上で発信し、市内飲食店で「蓮の御膳」を販売するほか、ハスの紹介看板やのぼり旗を園内などに設置する。

実行委の担当者は「なかなか来てほしいと言いづらい状況ではあるが、訪れた方へのおもてなしの準備はできる限りしていく」と話している。

昨年より3日早く開花

園内南堀と北堀では、早くもハスが開花し、ピンク色のかれんな花を咲かせている。同園管理事務所によると、昨年より3日早い6月18日に開花を確認したという。

高田北城高校前の道路すぐそばに咲く北堀のハス
20200619北堀1

南堀の高田城址公園オーレンプラザ近くに咲くハス
20200619南堀2

開花が確認できたのは、南堀の高田城址公園オーレンプラザ近くと高田スポーツセンター向かい、北堀の県立高田北城高校向かい側の交差点近く。北堀は、道路のすぐそばと、道路から2mほど離れた所に計3輪が咲いていた。

同事務所の石田三郎さんは、「今年は西堀の生育が昨年よりも悪いが、ハスは暑いと良くなるので、これからの暑さで盛り返してくれたら」と話していた。見頃は7月下旬から8月初旬だという。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/69763168 新潟県上越市本城町の高田公園が2020年4月1日から「高田城址公園」と名称変更することに合わせ、同公園の名称を使っている同市の公共施設も同日から高田城址公園を冠する施設名に変更する。上越市議会3月定例会で上越市都市公園条例の一部改正が行われた。…
https://www.joetsutj.com/articles/66011841 新潟県上越市の高田公園で毎年4月に開催されてきた春の一大イベント「高田城百万人観桜会」の名称が今年から「高田城址公園観桜会」に改称されることとなった。名称変更は1997年以来23年ぶり。観桜会を主催する同市などが2020年2月12日、発表した。会期は4月1日から15日まで。…