ホーム > 2015/10

酒気帯び運転でパトカーから逃走 塀に激突し大破 上越市の37歳会社員逮捕

5年前

新潟県警本部交通機動隊は2015年10月10日午前2時15分、上越市平成町の会社員青柳究容疑者(37)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。

発表などによると、青柳容疑者は同日午前1時40分頃、同市稲田3地内で普通乗用車を運転中、交通機動隊に停止を求められたが従わす逃走し、約2.3km離れた同市上野田の民家のブロック塀に衝突した。隊員が呼気検査を行った結果、基準を超えるアルコールが検出された。青柳容疑者の車は大破した状態だったが、けがはなかったという。

事故現場(2015年10月10日午前撮影)
事故現場

現場では、鉄筋コンクリート製のブロック塀が数mにわたり大きく崩れ、立木も折れていた。近所の住民によると、ブロックに激突した青柳容疑者の車は対向車線に行き、道路を塞いだ状態で大破していたという。

現場の位置