ホーム > 2016/03

直江津港の防波堤を7月から釣り場として本格開放

2年前

新潟県は直江津港の防波堤の一部を今年7月から釣り場として本格開放すると発表した。

直江津港の防波堤は、危険なため関係者以外立入禁止となっている。昨年10月に試験開放を行い検証した結果、安全管理などに問題がないと判断した。

中部電力上越火力発電所の先の第3東防波堤660mのうち、先端460mの両側を7月中旬から11月末まで開放する予定。

開放される防波堤
防波堤2

位置図
02_naoetsu_pdf

開放時間は日の出から日没までで、利用料金は大人1人800円を予定している。

運営はNPO法人ハッピーフィッシングが行う。同NPOは新潟東港(聖籠町)、柏崎港(柏崎市)で同様に開放された釣り場の運営を行っている。

開放の詳細は後日発表される。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/07485122 新潟県上越市の直江津港で2015年10月15日、防波堤の試験開放が初めて行われた。約80人の愛好家らが、上越火力発電所沖の防波堤で釣りを楽しんだ。港を管理する県は、安全と港湾業務に支障がないことなどが確認した上で、来年度の本格的開放を予定している。試験開放は当初10月9日からの予定…