ホーム > 2016/12

上越アクティブスポーツ協会がMEGAドンキ2階に冬季限定の仮設拠点開設

4年前

新潟県上越市にアクティブスポーツの複合型屋内施設の建設実現を目指している「上越アクティブスポーツ協会」(小竹潤代表)が、来春までの期間限定の仮拠点を2016年12月11日(日)、上越市富岡の「MEGAドン・キホーテ上越インター店」2階にオープンさせる。仮拠点ではあるが、本格的な施設建設に向けた第一歩で、初日はオープニングイベントが計画されている。

仮設の拠点で準備する上越アクティブスポーツ協会メンバー
01

アクティブスポーツとは、BMXやフリースタイルスキーなど、速さや高さ、スリルを兼ね備えたスポーツ全般を指す。普及を目指す同協会の趣旨に賛同した同店が、春までの期間限定で会場の無償提供を申し出たことから実現した。

室内パーク建設実現へ向けた機運を高めるための仮拠点で、場所は同店2階の一角。面積は約980平方m。設備は、新潟県妙高市の妙高高原池の平温泉スキー場などから借り受けたスラックラインやトランポリン4台、協会会員自作の高さ約3mのボルダリング壁や、インラインスケートなどが楽しめるジャンプ台など各種を用意。スケートボードやキックボード、インラインスケートなどは持ち込みで、BMXはレンタルのみの利用となる。子供向けには、足で地面を蹴って進むキックバイクもある。

2

3

1

小竹代表は「仮ではあるが、これまでなかった活動の拠点ができた。一般の方にアクティブスポーツを体験してもらい、その楽しさに触れてもらいたい」と話している。

12月11日には同会場で、上越子ども祭り(親子の休日実行委員会主催)と同時開催で、午前10時からオープニングイベントを実施。BMXのパフォーマンスで、来場者へアクティブスポーツの魅力をピーアールする。

同協会会員がボランティアで施設の開放を行うため、利用は毎週水曜午後6時30分から同10時頃までと、土日祝祭日の午後を予定している。詳しい日程と時間は同協会のフェイスブック「上越市に複合型の室内パークを!」で告知する。

施設の利用は保険料として2時間まで500円。2時間以上は一律1000円。

同協会は年会費1000円の一般会員を募集している。一般会員は施設開放期間中は100円引きで利用できる。

同協会のFacebookページ(https://www.facebook.com/joetsuactivesport/)。

仮設拠点の場所

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/32886707 BMX(バイシクルモトクロス)やスケートボードなど“アクティブスポーツ”の普及や発展を図る「上越アクティブスポーツ協会」の小竹潤代表らが2016年6月13日、上越市役所で村山秀幸市長と面会した。日本初となるというアクティブスポーツの複合型屋内施設を上越に建設し、新しい遊び場として…
https://www.joetsutj.com/articles/91576107 新潟県上越市の20〜30代を中心とした若者たちが、通年使用が可能な屋内スポーツパークの実現を目指した活動を始めた。2015年12月17日、同市春日山町3の春日謙信交流館で、賛同する約80人が集まりキックオフミーティングを開いた。現時点では事業主体や資金のめどは立っていないが、20…