ホーム > 2021/11

関根学園の滝澤夏央選手が西武ライオンズと入団合意

3週間前

プロ野球のドラフト会議で西武から育成2位指名された新潟県上越市の関根学園高校3年、滝澤夏央内野手(18)が2021年11月12日、同市内で球団との入団交渉に臨み、合意した。支度金350万円、年俸は280万円(金額は推定)。滝澤選手は「守備には自信があるので将来はゴールデングラブ賞を目指したい」とプロでの目標を語った。

西武の鈴木育成・アマチュア担当から帽子をかぶせてもらい笑顔の滝澤選手
DSC_4378-2

同市寺町2の料亭「長養館」で行なわれた交渉には、滝澤選手と両親、鈴木敬洋球団本部育成・アマチュア担当(38)が出席した。合意後の記者会見で滝澤選手は「プロ野球選手になったという気持ちが一層強くなった。体は小さい(身長164cm)が、スピードとキレをレベルアップしてアピールしていきたい」と話した。

鈴木担当は「野球センスが飛び抜けている。松井稼頭央さんのような野性感あふれるプレーが強み。大きい選手の中で、見た瞬間に逆に目立つので、どんどん目立っていってほしい」と期待を込めた。

取材陣の求めに応じ送球フォームで写真撮影
DSC_4390

今後、正式に契約を結び、12月上旬には新入団選手発表会に臨み、背番号も発表される。1月には埼玉県所沢市の球団の寮に入寮する。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/99167081 プロ野球のドラフト会議で西武から育成2位指名された新潟県上越市の関根学園高校3年の滝澤夏央内野手(18)は2021年10月26日、同市大貫1の同校で球団担当者から指名あいさつを受けた。身長164cmとプロ野球で最も低いとされるが「自分はこの身長だからこそ注目もされ、プロになれた」と語り、スピードを生かした守備を持ち味に支配下登録を目指す。…