ホーム > 2016/07

幸せ呼ぶ双頭蓮 上越市の高田公園で2年連続の出現

4年前

「上越蓮まつり」が開かれている新潟県上越市の高田公園南堀で2016年7月30日、1本の茎に2個の花が付くハス「双頭蓮」が見付かった。出現割合が2~3万個に1個という珍しい現象で、昨年に続き2年連続となった。ハスを管理している同公園管理事務所が31日朝、見通しを良くするため、堀の周辺に繁っているマコモ(カツボ)を刈り取り、説明看板を設置した。

2年連続で発見された双頭蓮(7月31日午前8時45分頃撮影)
双頭蓮2

双頭蓮は突然変異で発生する大変珍しい現象。中国では吉祥の花とされ、夫婦円満を意味するという。

昨年は、南堀の野球場北側で2010年以来5年ぶりに発見された。今回も昨年とほぼ同じ場所。同公園管理事務所の石田三郎さんによると、「昨日(30日)午前、散歩していた人が発見して、連絡をもらった。昨日はつぼみだったが、今日開花したとみていいのではないか」と話している。

蓮まつり会場の観光ボランティアが、双頭蓮が咲いている場所などを紹介しており、大勢の市民らが吉兆の花を眺め、写真に収めていた。花の見頃は2~3日間。

大勢の市民らが双頭蓮を鑑賞した
双頭蓮を眺める人

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/26513304 「上越蓮まつり」が開催中の上越市高田公園の西堀沿いに、一つの花に花托が2つある極めて珍しいハスが見付かった。関係者は「突然変異で発生すると言われている大変珍しい現象。この機会に是非足を運んで」と話している。一つの花に花托が2つある「並てい連」 発見されたのはブロンズプロムナードの…
https://www.joetsutj.com/articles/88522361 東洋一と称されるハスの名所、新潟県上越市の高田公園で、1本の茎に2個の花が付くハス「双頭蓮」が見付かった。場所は南堀の野球場北側。市民団体「双頭蓮を探す会」(佐藤真司会長)によると同公園で双頭蓮が見つかったのは2010年以来5年ぶりという。「双頭蓮」は突然変異で発生するとされる大…
双頭蓮の出現場所