ホーム > 2018/11

スーパー2店に宅配便ロッカー 上越地域初 買い物ついでに荷物受け取り

3週間前

スーパーマーケットの「ナルス」や「原信」などを展開するアクシアルリテイリング(長岡市)は2018年11月、新潟県上越市内のナルス2店舗に、宅配便の荷物の受け取り場所として利用できるロッカー「PUDO(プドー)ステーション」を設置した。上越地域では初めて。利用者が買い物のついでや帰宅途中に荷物が受け取れるほか、宅配業界の人手不足の一因ともなっている再配達の減少につながる。

「PUDOステーション」は、ヤマト運輸などが出資するパックシティジャパン(東京都千代田区)が提供する宅配便ロッカーで、ナルス国府店(上越市国府4)と高田西店(同大貫4)に設置された。屋外にあり、店の営業時間に関係なく24時間受け取りが可能。縦、横、高さの3辺の合計が100cmまでで、重さ10kgまでの荷物に対応している。

 ナルス高田西店に設置された宅配ロッカー「PUDOステーション」
427984921

利用するには、ヤマト運輸の会員制サービス「クロネコメンバーズ」の登録が必要。クロネコメンバーズの「受け取り日時・場所変更」で荷物の受け取り場所をPUDOステーションに変更すると、受け取り用パスワードがメールで送信される。PUDOステーションから荷物を取り出す時は、タッチパネルに受け取りパスワードを入力し、指で署名して受け取る。

PUDOステーションは、駅や公共施設、スーパー、商業施設など全国約3200か所に設置されている。県内では「原信」「ナルス」を中心に17か所に設置されている。