ホーム > 2018/02

川上善兵衛の生誕150年祝う記念ワイン 岩の原葡萄園が3月10日に発売

2年前

新潟県上越市北方の「岩の原葡萄園」(棚橋博史社長)は2018年3月10日から、同社創業者で「日本ワインぶどうの父」と呼ばれる川上善兵衛の生誕150年を記念した特別な赤ワインを販売する。善兵衛が開発した品種のブドウを使用しており、棚橋社長は「川上善兵衛の功績をワインで表現した。ぜひ味わってみてほしい」と話している。

上越市役所で開かれた記者会見で記念ワインの発売を発表した棚橋社長
20180216-DCS_7134

善兵衛は生前、22種類の優良なブドウを開発。岩の原葡萄園では現在、このうち3種類を赤ワイン用のブドウとして栽培している。今回の記念ワインではその3種類を全て使用することで、善兵衛の功績を前面に押し出した一品に仕上げた。

使われているブドウは、甘く華やかな香りが特徴の「マスカット・ベーリーA」をはじめ、濃厚な果実味としっかりとした酸味を持つ「ブラック・クイーン」、濃い黒色の果皮が特徴で味に深みを生み出す「ベーリー・アリカントA」。いずれも善兵衛が1920年代に開発した品種だ。今回は2015年産のブドウを使用している。

同社は今回の記念ワインを「長期熟成タイプ」としている。棚橋社長は「熟成することで、角が取れて丸みのある優しい味わいになっていく。肉料理、魚料理などを問わず、さまざまな食事に合うはず」と話す。アルコール度数は12%。ラベルには働き盛りだった頃の善兵衛の写真を印刷した。

1本720mlで、9180円。約5000本を製造した。全国販売を予定しており、同社ホームページでも販売する。

同社は2月16日、上越市役所で記者会見を開き、記念ワインを発売することを発表した。棚橋社長は「川上善兵衛はワインの味や技術などを研究していた。ワインを通じて、その功績を多くの人に伝えたい」と話していた。

問い合わせは同社025-528-4002