ホーム > 2015/10

磨き屋シンジケートのぐい呑みをネット販売 SAKEまつり10周年で限定公式グッズ

5年前

新潟県上越地域の清酒やワイン、食などが一堂に集まるイベント「越後・謙信SAKEまつり」(同実行委主催)が今年(2015年)で10周年を迎える。10周年を記念して金属研磨のプロフェッショナル集団「磨き屋シンジケート」によるステンレス製のぐいのみが公式グッズとして100個限定でインターネットで販売されている。

ぐい呑み

SAKEまつりは、上越市の本町通りを歩行者天国にして開かれる酒や食のイベントで、上越市と妙高市の15の酒蔵の日本酒やワイン、地ビール、どぶろくなどが一堂に集まるほか、食のブースも充実している。実行委では10周年を記念して今回限定グッズを企画した。

ぐいのみ2

高い技術で定評のある燕市の磨き屋シンジケートによるぐい呑みは、磨き上げられたステンレス製で、内側が錫(すず)でコーティングされており、日本酒がまろやかに味わえるという。価格は3500円。

10月24、25日、SAKEまつりの会場の本町通りで受け取る。販売価格には試飲代1500円が含まれており、2日間、このステンレスぐいのみで試飲ができる。

ぐいのみは10月6日からSAKEまつりの公式販売サイト(http://shop.honcho.jp/items/2136000/)で販売されており、なくなり次第終了する。

◇越後・謙信SAKEまつりの公式サイト
http://kenshinsake.com/