ホーム > 2016/11

上越市の養鶏場でも鳥インフルエンザの疑い 100羽死ぬ

4年前

新潟県は2016年11月30日、上越市内の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染した疑いがある鶏が見つかったと発表した。県内では28日に関川村で発生した事例に続いて2件目。

鳥インフル

県畜産課によると、同市内で23万羽を飼育する養鶏場で29日、鶏40羽が鶏舎内の一か所に固まって死んでいるのが発見された。翌30日には60羽が死んでいるのが発見され、養鶏場が県上越家畜保健所に通報した。

上越家畜保健所が養鶏場の鶏7羽を簡易検査したところ、6羽から鳥インフルエンザの陽性反応が検出されたという。

県は感染拡大防止のため、養鶏場に対して鶏舎の消毒や部外者の立入制限、半径10km以内の養鶏場などに鶏や卵の移動制限などを指示した。

今後は県中央家畜保健衛生所で遺伝子検査が行われ、30日午後10時頃に結果が判明する見通し。

続報

https://www.joetsutj.com/articles/36451013 新潟県が上越市内の養鶏場の鶏について遺伝子検査を実施した結果、高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認され2016年12月1日から、この養鶏場の鶏23万羽の殺処分を始めた。また県は12月1日午後6時30分から、上越市の柿崎区、大潟区、吉川区で住民説明会を開く。この養鶏場では11月2…