ホーム > 2019/01

樹木希林の追悼第2弾! 1月19日から高田世界館で2作品上映

2年前

新潟県上越市本町6の高田世界館は、2018年9月に亡くなった女優、樹木希林の追悼特集の第2弾として、ドキュメンタリー「神宮希林 わたしの神様」(2014年)と、「モリのいる場所」(2018年)の2作を、2019年1月19日から順次上映する。

昨秋には「あん」「人生フルーツ」、「日日是好日」の3作品を上映し好評を得たため、第2弾を企画した。

「神宮希林 わたしの神様」

「神宮希林 わたしの神様」は、人生初めての「お伊勢参り」に行く樹木希林の旅に密着した。樹木の自宅映像や、潔い生き様が描かれる。監督は「人生フルーツ」の伏原健之。96分。上映期間は19日〜2月8日。

「神宮希林 わたしの神様」予告動画

「モリのいる場所」

「モリのいる場所」は、30年間家を出ることなく、庭の生命を描き続けた伝説の画家・熊谷守一(モリ)のエピソードをベースに、晩年の1日をユーモラスに描いた。樹木希林と山崎努が初共演。99分。同館では昨年7月に上映し、好評だった作品。上映は2月4日から。

「モリのいる場所」予告動画

上映時間は高田世界館の公式サイトで。料金は一般1500円、シニア(60歳以上)1100円。火曜休館。電話は、同館025-520-7626

関連記事