ホーム > 2015/05

あの金田、張本、村田が…上越市でドリームベースボール

4年前

新潟県上越市の高田公園野球場の改修を記念し2015年5月6日、元プロ野球選手で構成するドリームチームと、上越市内在住の20~40代の選手を集めた選抜チームが対戦する親善試合「ドリーム・ベースボール」が開かれた。ドリームチームは、通算400勝投手の金田正一(81)を監督に据え、3000本安打の張本勲(74)、「マサカリ投法」の村田兆治(65)など計24選手をそろえた。往年の名選手をひと目見ようと、スタンドには市民ら3100人が詰め掛けた。

試合前の記念写真
2015-05-06 記念写真

スタンドから最も声援を受けたのは村田兆治投手。0-0の四回裏に姿を見せると、大きな拍手、声援が巻き起こった。スコアボードに表示された球速は最盛期より30kmも遅い時速120kmがやっとだったが、独特のマサカリ投法は往年を彷彿させた。マウンドで「俺に挑戦して来い」というメッセージを発表し、選抜チームがヒットを打ったらサインボールをプレゼントするという挑戦状を叩きつけた。1死後、対するは選抜チーム4番の藤田隆紀選手。見事左前に鋭い安打を放ち、村田投手はマウンドに四つんばいになって悔しがり、観客を沸かせた。

選抜チームも、投手陣が張本選手(元巨人)、加藤秀司選手(元阪急・66歳)のベテランを三振に打ち取るなど、見せ場を作った。打っては走者三塁の好機を二度演出し、スタンドを沸かせた。

試合は規定により最終回の七回表、西武などで活躍した村上隆行選手(49)が左翼越えに、目が覚めるような本塁打。また、元ソフトバンクの本間満選手(42)が適時三塁打を放つなど、一挙3点を挙げ、元プロの実力を示した。試合はドリームチームが3-0で勝った。

張本選手は「年を取って格好は変わってしまったが、身に付けた技術は変わらない。私たちの現役時代のプレーを思い出しながら見てもらえたならうれしい」と話した。選抜チームの新保友和監督は「体力面では勝っていたが、最後は元プロ野球選手の技術に押し切られてしまった。でも、大勢の観客の前でプレーできて気持ちよかった」と話した。

ドリーム・ベースボールは、上越市市制施行40周年記念事業として2011年7月31日、頸城区のくびき球場で開かれて以来、4年ぶり。

1回に登場した斎藤明雄投手
DSC_0806_1回を投げた齋藤明雄2

2、3回を投げた石井貴投手
DSC_0827_2、3回を投げた石井貴投手

4回に登場した村田兆治投手のマサカリ投法
DSC_0848_4回に登場した村田兆治2

村田投手の球速は120kmと表示された
DSC_0857村田の球速は120キロ台

6回に登場した元ロッテの前田幸長投手
DSC_0869_6回を投げた元ロッテの前田幸長

2回表に打席に入った張本勲選手。三振に終わった
DSC_0811_2回表に打席に入った張本勲_三振に終わった

4回表に登場した名球会の加藤秀司選手。三振
DSC_0839名球会の加藤秀司(元阪急)4回表三振

元中日の谷沢健一選手
DSC_0865_元中日の矢沢健一

大島康徳選手
2015-05-06 大島康徳選手

七回に決勝の左翼越え本塁打を放った村上隆行選手
DSC_0876_7回に決勝の左翼越え本塁打を打った村上隆行

試合後、両チームが固く握手を交わした
2015-05-06 試合後の握手

試合を楽しむ三塁側スタンド
DSC_0825_3塁側スタンド

金田正一監督が勝利監督インタビュー
DSC_0896勝利監督の金田正一