[新型コロナ] 上越市立小中の臨時休校3月末まで延長 図書館などの利用制限も継続

上越市教育委員会は2020年3月23日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い3月4日から春休みまでとしていた市立小中学校と市立幼稚園の臨時休校、休園を3月31日まで延長すると発表した。新潟県内の一部地域で感染が拡大していることを受けての対応。

市教委によると、市立小中学校は3月23〜25日に順次春休みとなる予定だった。休校延長に伴い、市立図書館や科学館などの小中高校生の利用禁止や、学校の体育館などを利用している地域のスポーツクラブや小中高校生を対象とするスポーツ活動の自粛、主に未就園児が利用するこどもセンターなどの児童施設の閉鎖も延長する。中学校の部活動も引き続き中止となる。

学校の臨時休校延長に伴う利用制限の掲示(3月23日直江津図書館)
図書館利用制限延長

小学校の放課後児童クラブは、これまでの臨時休校中は開設時間が午前8時から午後6時までに限られていたが、23日から通常の長期休業中と同様に、希望に応じて午前7時30分から午後7時まで利用可能となった。

県教委によると、県立高校も31日まで臨時休校を延長している。

関連記事