ホーム > 2017/10

上越市長選: 「実績」VS.「変革」 一騎打ちの終盤戦

4年前

10月15日に告示された上越市長選は終盤に差し掛かり、3選を目指す現職の村山秀幸氏(69)と新人で元市議の中川幹太氏(42)が一騎打ちの選挙戦を繰り広げている。分厚い組織で「実績」強調する現職の村山氏に対して、草の根で「変革」を訴える中川氏。少子高齢化による人口減少が加速する中、19万市民の上越市の今後を選ぶ22日の投票日まであと4日。両候補とも支持拡大に懸命だ。

「実績」の現職村山氏

県職員から上越市副市長を務め、8年前に市長に初当選した村山氏。地元経済界の代表する商工会議所会頭が選対本部長を務めるほか、定数の8割を占める支援市議団、13区の後援会支部といった分厚い陣容で、2期8年の「実績」を訴える。

公約

財政健全化に一定の道筋が見えたとして、小学校就学前までの子ども医療費の完全無料化や団塊世代の高齢化を見据えた医療・福祉の充実などを公約に掲げている。公約など掲載した村山氏のサイトはこちら

運動

告示後は、日中は市議が交代で付いて街宣車で市内各地区を回り、地区ごとの課題や政策を訴えている。

18日は地元の大潟区などを回り、財政再建や団塊世代の高齢化後の対策などについて語り「子や孫に責任をもってわたせるまちをつくる」と訴えた=写真=

夜は複数の場所で個人演説会を続けている。

DSC_7885

選挙運動期間の最後の3日は合併前の上越市を中心に回ることにしている。

「変革」の新人中川氏

市議2期目途中の昨年1月に立候補を表明した中川氏。全世帯訪問を目指し、1年10か月かけて軽トラックと原付きバイクで市内を回ったほか、小規模な集会を開くなど草の根で運動し、「変革」を訴えてきた。

公約

地域自治区への予算編成権の分与といった自立的な地域づくりを柱に、介護保険料などの引き下げ、ベンチャー企業の上越妙高駅前への誘致、通年観光などを公約に掲げている。公約など掲載したは中川氏のサイトはこちら

運動

告示後は、個人演説会は行わず、もっぱら街宣車で市内各地区を回り、人がいれば降りていって握手し、街頭演説を行っている。「大きな集会はやらず、会って一人一人に直接訴える」(選対幹部)という出馬表明から続けてきた方針を貫いている。

18日、板倉区などを回り「木田庁舎(市役所本庁舎)への中央集中ではなく地域分権で地域力を生かす」と訴えていた=写真=

DSC_7811

中川氏も最終盤は合併前上越市を中心に回り、支持を呼び掛ける。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/18992880 任期満了に伴う上越市長選が2017年10月15日、告示され10月22日の投票日まで7日間の選挙戦に突入した。いずれも無所属で、3期目を目指す現職の村山秀幸氏(69)と新人で元市議の中川幹太氏(42)の2人が立候補を届け出て、2009年以来8年ぶりの選挙戦となっ…
https://www.joetsutj.com/articles/82230216 元上越市長の宮越馨氏(76)が2017年10月14日、上越市内で記者会見し、同市長選(10月15日告示、22日投開票)に出馬しないことを表明した。宮越氏は、子供年金制度や地域経営会社制度「コミュニティーカンパニー」を柱とした政策を考案し、今年6月から市内で8回のセミナーを開催。今月には…
https://www.joetsutj.com/articles/89976107 上越市長選の立候補予定者の公約を比較し、若者同士で語り合う「上越市長選 自分たちにできることは何か!」と題した会が2017年10月13日、同市土橋の市民プラザで開かれた。主催者を含め計13人が参加し、候補者の公約を見ながら自身の意見を述べた。…
https://www.joetsutj.com/articles/44623633 脱原発を訴える市民団体「つなげよう脱原発の輪 上越の会」(植木史将代表)は2017年10月11日、上越市長選挙の立候補予定者に対して原発再稼働の是非などについて尋ねた公開質問状の回答を公開した。近日中に同会のホームページでも回答を全文公開する予定で、植木代表(41)は市長選の有権者に対し「投票の際に、立候補者の意見を参考にしていただければ」と話している。…
https://www.joetsutj.com/articles/70404895 上越市長選(15日告示、22日投開票)に立候補を表明していた佐渡市在住の行政書士後藤浩昌氏(56)は10月10日、同市長選への立候補取りやめを表明した。取りやめの理由について、当初29日に予定されていた同市長選が衆院の解散総選挙により22日に前倒しされたことや、これまでの新聞報道…
https://www.joetsutj.com/articles/56659703 任期満了に伴う2017年10月22日の上越市長選に向けて新人で元市議の中川幹太氏(42)の後援会が10月7日、新潟県上越市春日山町3の春日謙信交流館で総決起大会を開いた。約100人が集まった。集会は中川氏の住む桑取地区の桑谷里神楽伝承会による獅子舞で始まった=写真=。続いて後援会…
https://www.joetsutj.com/articles/64962115 任期満了に伴う2017年10月22日の上越市長選で3選を目指す現職村山秀幸氏(68)の後援会は10月1日、新潟県上越市西城3のデュオ・セレッソで総決起大会を開いた。村山氏の初当選以来8年ぶりの選挙戦となる見通しで、支持者や町内会、企業など関係者約1000人が集まった。会場の壇上に…
https://www.joetsutj.com/articles/55764642 任期満了に伴う上越市長選に向けた立候補予定者説明会が2017年9月23日、上越市春日山町3の春日謙信交流館で開かれた。既に出馬を表明している現職の村山秀幸氏(68)と、元市議の中川幹太氏(42)、佐渡市在住の行政書士、後藤浩昌氏(56)の3陣営が出席した=写真=。…
https://www.joetsutj.com/articles/47362654 衆議院の解散・総選挙が2017年10月10日公示、22日の投開票の日程で行われる公算が大きいと報道される中、上越市選挙管理委員会は9月19日、10月29日投開票の市長選を総選挙と同日に実施する方向で検討を始めた。総選挙が10月22日となった場合は、市長選を1週間前倒しする方針だ。市選管事務…
https://www.joetsutj.com/articles/59131439 任期満了に伴う2017年10月29日の上越市長選に向けて上越経済人連盟(高橋信雄会長)が9月1日、同市仲町3のやすねで、3選を目指す現職の村山秀幸氏(68)支援を呼び掛ける「励ます集い」を開いた。市内の商工業者ら約500人が集まった=写真=。…
https://www.joetsutj.com/articles/83395885 佐渡市在住の行政書士後藤浩昌氏(56)が2017年6月29日、上越市役所で記者会見し、任期満了に伴う上越市長選(10月29日投票)への立候補を表明した=写真=。後藤氏は東京都出身で佐渡市小木町在住、国学院大学大学院卒。昨年10月の県知事選に出馬し、普天間基地の佐渡への誘致やディズ…
https://www.joetsutj.com/articles/24331244 任期満了に伴う上越市長選(10月22日告示、29日投票)に3期目を目指して出馬を表明している現職の村山秀幸氏(68)が2017年6月28日、同市下源入の後援会事務所で記者会見し、公約を発表した。「確かな明日へ」と題して、引き続き「すこやかなまち」を掲げ、2期8年にわたり最優先で取り組んできた財政健全化に一…
https://www.joetsutj.com/articles/33930912 新潟県上越市大和2の上越大通り沿いのコンビニ跡に今月に入りある事務所が開設された。窓には「人口減少対策」「13区の再生対策」「新幹線対策」など10月の上越市長選を意識したような看板が張り出されている。同市長選に立候補を表明しているのは3選を目指す現職の村山秀幸氏(68)と新人で元市議の中川幹太氏(42)の2人だけだが、“謎の事務所”はいずれの陣営のものでもない。…
https://www.joetsutj.com/articles/61292048 今年10月の上越市長選について、同市議会議員の滝沢一成氏(60)が、自身のブログやSNSで「公約」を発表した。滝沢氏は「立候補する予定はありません」としているが、「日本海ルネッサンス都市上越の実現」と題して具体策をふんだんに盛り込んだ夢のある公約だ。同市長選では現職の村山秀幸氏(68)と元市議の中川幹太氏(41)の2人が出馬を表明しているほか、元市長の宮越馨氏(75)の動向も注目されており、情勢は依然不透明なことから、関係者から「本当に出馬するのでは」との観測も出そうだ。…
https://www.joetsutj.com/articles/69954466 元上越市長の宮越馨さんが代表を務める分権社会政策研究所が2017年3月18日、上越市土橋の市民プラザで報告会を開いた。市内の子育て世帯を対象に実施したアンケート結果を報告するとともに、独自に考えた子供年金制度などについて、宮越さんが約2時間にわたって熱弁をふるった。…
https://www.joetsutj.com/articles/12874164 今秋の上越市長選に向けて立候補を表明している新人の中川幹太氏(41)が2017年2月27日、同市西本町1の事務所で記者会見し、公約を発表した。地域自治区への予算編成権の分与や介護保険料などの削減、原発政策などを柱に自立した地域づくりや人口減少対策などに力点を置いている。…
https://www.joetsutj.com/articles/84073840 今秋の上越市長選に向けて上越市議会議員有志が2017年2月7日、現職の村山秀幸氏(68)を招いて3選出馬への決意を聞く会を直江津学びの交流館で開いた。会には32人の議員のうち21人が出席。席上、村山氏は出馬表明し決意を述べ、議員たちは村山氏支持を確認した。議員32人中21人が出席 村山氏…
https://www.joetsutj.com/articles/86253802 2017年11月8日に2期目の任期満了を迎える上越市長の村山秀幸氏(68)は1月26日までに、次期市長選に出馬する意向を固めた。村山氏は1月26日、上越タウンジャーナルの取材に対し、次期市長選について「期待に応えたいと思っている。自分自身でしっかり整理した上で近々明らかにしたい」…
https://www.joetsutj.com/articles/60301151 来年10月に2期目の任期満了を迎える上越市の村山秀幸市長(68)。任期満了まで1年を切る中、市議会一般質問で2016年12月8日、ベテラン議員が「3期目は総仕上げ。市民の前で決意を表明してほしい」と出馬表明を求めた。次期市長選で立候補を表明しているのは、元市議の中川幹太氏(41)だけ。中…
https://www.joetsutj.com/articles/80133406 2017年秋に行われる上越市長選に立候補を表明している前上越市議会議員の中川幹太氏(41)は2016年8月21日、新潟県上越市西本町1に後援会の直江津事務所を開設した。県議や市議、一般支持者など約50人が出席し、最後は「頑張ろうコール」の三唱で締めくくった。…
https://www.joetsutj.com/articles/42302838 上越市議会議員の中川幹太氏(40)が2016年1月19日、記者会見し、来年(2017年)秋に予定されている同市長選への立候補を表明した。今年4月の市議選には出馬せず、市長選に向けて準備を進めるとしている。次期市長選への出馬表明は中川氏が初めて。中川氏は兵庫県出身、広島大工学部建築…