ホーム > 2021/11

上越市の「羽深機工」が事業停止 負債は約7億円

1週間前

新潟県上越市国府1の足場組み立て工事業「羽深機工株式会社」(資本金5000万円)は2021年11月3日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。今後、自己破産を申請する見込み。帝国データバンク上越支店によると、新型コロナウイルスの影響による関連倒産で、負債総額は約7億円が見込まれる。

同社は2007年(平成19年)10月に創業し、2013年7月に法人改組した足場組み立て業者。2017年に「株式会社上越ホールディングス」から現商号に変更し、東京、横浜、石川に営業所を設置して事業を拡大した。県内外のマンション、ビルなど大型構造物の足場工事や解体工事を行うとともに、2015年には上越市内にスポーツジムを開設し、ピーク時の2020年6月期の年売上高は約8億1800万円を計上していた。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響により2021年3月末でスポーツジムを閉鎖、本業の受注も減少していた。外注費の増加で粗利益率が悪化、3期連続欠損となり債務超過に陥った。2019年5月に関係会社を吸収合併してグループ再編を行ったが、多額の長期貸付金があり、借り入れ依存が高まっていた。

新潟県内の新型コロナウイルス関連倒産は2021年で20件目、累計では31件目となった。