ホーム > 2017/09

上越地域初のカーシェアリング導入 上越妙高駅西口のフルサット

4年前

新潟県上越市の上越妙高駅西口にあるコンテナを使った複合商業施設「フルサット」(平原匡代表)は2017年9月15日、併設の時間貸駐車場「タイムズ24」による上越地域初のカーシェアリングサービスを開始した。

カーシェアリングは、会員同士で自動車を共同利用するもので、原則事前予約が必要なレンタカーに比べ、24時間対応で短時間利用が可能なのが特長。首都圏や大都市からの出張や、旅行時の急な車利用を想定しており、長期的には地元住民の一時利用も目指している。

フルサットに配備されたカーシェアリング用車両
フルサットにカーシェアリング導入

利用方法は、あらかじめ会員登録を行いIC会員カードの交付を受けたあと、パソコンやスマートフォン、携帯サイトで予約する。直前予約も可能。利用時間にステーションで車に会員カードをかざしてドアロックを解除し、車内の専用ボックスからキーを取り出して車を使用する。使用後は、出発したステーションに車を返却し、会員カードでロックする。

カーシェアリングの利用方法(動画)

料金はクレジットカードで支払い、ガソリン代込みで15分206円から。個人会員の場合、月額基本料金1030円がかかるが、その月の利用料金から差し引かれる。使用中に専用カードで給油や洗車を行うと、それぞれ15分の料金が割り引かれる。

フルサット併設のコインパーキング「タイムズ上越妙高西口フルサット」内には、5人乗りと7人乗りの乗用車2台が配備され、早速初日から利用者があった。冬場の降雪については、保守点検を行う業者やフルサットなどで対応を検討していくという。

フルサットでは、「長期的には、急な来訪者の送迎や上越妙高駅利用時の短時間・短距離利用など地元住民の需要も掘り起こし、上越妙高駅の利用価値を高めていきたい」としている。


時間貸駐車場の大手「タイムズ24」は、2009年から会員制のカーシェアリング事業「タイムズカープラス」を開始し、47都道府県でサービスを展開する業界最大手。7月末現在、全国9689か所のステーションに約1万9000台のカーシェア用車両を配備し、会員数は約85万人となっている。

タイムズカープラスのホームページ https://plus.timescar.jp/