ホーム > 2019/06

倉田まり子、松本ちえこ…アイドル歌手を起用した40年前の観光ポスター 妙高高原観光案内所で展示

1か月前

新潟県妙高市の妙高観光局は2019年6月、妙高高原駅前にある「妙高高原観光案内所」内で、倉田まり子などのアイドル歌手を起用して製作した約40年前の観光ポスターの展示を始めた。

妙高高原観光案内所でポスターを見る妙高観光局の竹田事務局次長
竹田次長

ポスターは観光案内所が昨年2月に現在地に新築移転したことに伴い、昨年11月に旧施設を取り壊したところ、倉庫の屋根裏から約50枚が発見された。最も古いものは1978年(昭和53年)頃のポスターとみられる。アイドル歌手として人気があった倉田まり子、松本ちえこをモデルに起用したポスターもあった。

1978年の土石流災害の直後に製作されたポスター。撮影は池の平地区
ポスター

1978年(昭和53年)5月18日、赤倉山の中腹で大規模な土石流が発生し、一瞬のうちに新赤倉温泉の寮や民家などを飲み込み、国道18号のほか、信越本線の線路を300mにわたって埋めた(「妙高高原町史」)。妙高観光局の竹田幸則事務局次長(60)によると、連日の報道で宿泊などに大きな影響が出たため、風評被害を払拭しようとポスターを製作したという。ポスターはモデルを使って池の平で撮影され、下部には「災害につきましては大変ご心配をおかけいたしましたが、宿泊その他の施設は平常通り営業中です」と書かれている。

アイドル歌手を使ったポスターは、災害の翌年以降に製作したもので、「タレントを使って元気な妙高高原をアピールしたかったのではないか」と言う。

倉田まり子を起用した妙高高原のPRポスター(夏バージョン)
倉田まり子2

スキーウェアを着た倉田まり子(冬バージョン)
倉田まり子

倉田まり子は1979年に歌手デビュー。その年は、日本レコード大賞新人賞を受賞するなど、大活躍した。ポスターは人気絶頂期のもので、夏用と冬用が撮影されている。現在は坪田まり子の名で、キャリアカウンセラーとして活躍中。58歳。

松本ちえこがゲレンデで日光浴。昭和40年〜50年前半は小麦色の肌が流行した
松本ちえこ

松本ちえこも当時のアイドル歌手で、「恋人試験」がヒット。ポスターは冬なのに水着姿だが、当時はゲレンデで日光浴をするのが流行していた。現在も女優として活躍している。59歳。

竹田次長は「ポスターは妙高高原町観光課に在籍していた1990年(平成2年)頃、産業文化祭で展示するため、パネル張りにしておいたもの。展示はその年だけだったが、懐かしいと人気を呼んだ」と記憶をたどる。ポスターは3枚を観光案内所で展示している。今後は1か月に1回ほどポスターを入れ替えて展示する予定。

関連記事

http://www.joetsutj.com/articles/79479131 今から約35年前の1981年(昭和56年)、新潟県上越市は、海水浴場をPRするポスターに、第9代ミスさくらの関原英里子さん(旧姓松矢)を起用した。ポスターに市民のモデルが登場したのは、後にも先にも関原さんただ一人。ビキニ姿で郷津海水浴場の砂浜を走る躍動的な姿は、大きな話題を呼んだ。このポスターをデザインした同市北城町1の元高校教諭、筑波進さんが、ポスターをパネル張りにして自宅に所蔵していることが分かり、関原さんはこのほど「35年前の水着姿」と対面を果たした。…