ホーム > 2021/12

11県で153件窃盗繰り返す 被害総額約1100万円 ベトナム人男女5人

1か月前

上越警察署などは2021年12月22日までに、20〜30代のベトナム国籍の男女5人による広域窃盗(万引き)事件の捜査を終結したと発表した。5人は新潟県を含む計11県の商業施設で化粧品などを盗む犯行を繰り返し、確認された犯行件数は153件、被害総額は約1100万円にのぼる。

新潟県警と群馬県警の共同捜査の結果、昨年4月3日頃から逮捕されるまでの間に、新潟、福島、茨城、栃木、千葉、埼玉、群馬、長野、岐阜、愛知、滋賀の各県で犯行が確認され、新潟地方検察庁高田支部に送致された。

5人はいずれも群馬県在住の無職。いずれも太田市に住む27歳の女2人と29歳の男は、上越市内の商業施設で化粧品など46点を盗んだ疑いで7月18日に通常逮捕された。この3人の捜査から、いずれも大泉町に住む29歳男と30歳女が同県内で医薬品など18点を盗んでいたことが分かり10月に通常逮捕された。大泉町の29歳男については、自宅で覚せい剤若干量を使用していたとして、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いでも通常逮捕された。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/40093153 上越警察署と十日町警察署などは2021年10月5日までに、新潟県上越市や田上町で化粧品などを盗んだとして、いずれも群馬県在住で無職のベトナム国籍の男女5人を検挙した。発表などによると、5人のうち、群馬県太田市に住むグエン・ミン・キー容疑者(28)、グエン・ティ・タイン・ルオン容疑者(27)、グエン・ティ・リー容疑者(27)の男女3人は共謀し7月7日、上越市内の商業施設で化粧品など46点(販売価格合計10万6509円)を盗んだ疑いで7月18日に通常逮捕された。…