本町通り 飲酒運転で一方通行逆走してひき逃げ 過失運転致傷容疑で33歳会社員を逮捕

上越警察署は2017年12月22日午前9時35分、新潟県上越市本町2の県道(通称本町通り)で、飲酒運転して人身事故を起こし現場から逃走したとして、同市春日新田5の会社員の男(33)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷アルコール等影響発覚免脱)の疑いで通常逮捕した。

同署によると、男は同日午前0時45分頃、飲酒して普通乗用車を運転し、一方通行の市道を西から東に逆走して本町通りの交差点に進入。本町通りを北に向かって走っていた市内の40代男性の軽自動車に衝突した。男性の耳などに裂傷の傷害を負わせたが、アルコールの検出を免れるために現場から逃走した疑い。

本町2の現場。被害にあった男性が本町通りを北に進んでいたところ、男の車が写真左から一方通行の市道を逆走して本町通りに入ってきてぶつかった。
2017-12-22

同署は現場に落ちていた車の破片や男性の証言などから男を特定。呼気検査では基準値を超えるアルコールが検出された。


現場の場所