ホーム > 2015/04

上越市頸城区の県道で立木に衝突 運転の19歳男性が意識不明

6年前

2015年4月5日午前6時10分ごろ、新潟県上越市頸城区手島の県道上増田吉川線で、同市吉川区原之町の土木作業員沖田夏也さん(19)が運転する軽乗用車が道路脇の水路に転落して立木に衝突した。沖田さんは市内の病院に運ばれたが意識不明の重体。

頸城区の事故現場
20150405頸城区事故_事故現場S


 上越署によると、現場は、ほくほく線くびき駅付近のガードから吉川方向に約500mの地点。沖田さんは吉川から上増田交差点方向へ走行中に左側にはみ出し、水路に落ちて民家の杉の木に衝突したとみられる。スリップやブレーキの跡はなく、また沖田さんに酒気帯びなどは見られなかった。

現在、同署で事故の状況などを詳しく調べている。